大谷、5試合連続二桁奪三振で日本人記録を更新!

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平投手は敵地でのブレーブス戦に1番投手兼DHで先発出場。
六回までに11個の三振を奪い5試合連続での二桁奪三振を記録、これは日本人メジャーリーガーとしては1995年の野茂英雄氏の4連続を超えて単独最多となった。
エンゼルス球団所属の投手としてもかの”速球王””奪三振王””メジャー初の100万ドルプレーヤー”ノーラン・ライアンの7試合連続(1977年)・6試合連続(1972-73年にかけて)に次いで3番目となった。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す