大谷が二塁打を放つもチームは六連敗

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は敵地でのヤンキース戦に2番DHで先発出場。
初回の一死無走者で迎えた第1打席であわや本塁打という中堅への大飛球を打ったが、相手中堅手にフェンスギリギリで好捕され本塁打にはならなかった。
その後の第2打席は見逃しの三振に倒れたものの、第3打席では右翼線に痛烈な当たりを放ち悠々二塁に到達する二塁打”スタンディングダブル”となった。
大谷はこれで2試合連続安打となったが、チームは初回から大量失点し1-9と大敗し、今季最長の6連敗となった。
昨季は3試合で3本塁打と当たっていたヤンキースタジアムなので、今季も何本か打って欲しいな!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す