Canonが2本の超望遠単焦点を正式発表した

先だってCanonの公式アカウントが中国のweiboで2/24に新製品の発表を行うと予告した。
ネット上では「EOS R」シリーズの新ボディを期待する声もあったが、前後して超望遠単焦点レンズのスペックや写真等がリークされていた。
で、昨日に正式発表されたのはタイトルにも書いたように超望遠単焦点レンズ2本、「RF800mm F5.6 L IS USM」と「RF1200mm F8 L IS USM」だった。
事前にリークされていたリリース用テキストにあったように
・「RF800mm F5.6 L IS USM」および「RF1200mm F8 L IS USM」は、「RF400mm F2.8 L IS USM」および「RF600mm F4 L IS USM」の光学系を受け継ぎ、本体後部に独自の拡大光学系を配置することで小型・軽量化(RF800mm F5.6 L IS USMは質量約3,140g、RF1200mm F8 L IS USMは質量約3,340g)と高画質を両立している。
と発表されている。
800mmのほうはEF時代の「EF800mm F5.6L IS USM」(4,500g)のおよそ2/3、1200mmに至っては一段暗くなっているとはいえ「EF1200mm F5.6L」(16,500g)のおよそ1/5に軽量化されている。
発売予定は今年の五月下旬で価格は共にオープン価格、Canonのオンラインショップで226万6000円(RF800mm F5.6 L USM)、266万2000円(RF1200mm F8 L USM)となっている(共に税込)。
どちらもおいそれと買える価格ではないけれど、1200mmのほうは「EF1200mm F5.6L」の980万円に比べれば圧倒的に安価となっている。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す