コシナがZマウントレンズを発表

コシナがVoigtlanderブランドのNikon Zマウント用MFレンズ「NOKTON D35mm F1.2」を正式に発表した。
この「NOKTON D35mm F1.2」はデザインがオールドニッコール風で、私の持っているNikkor-S Auto 50mm 1:1.4」に似ている感じがする(所謂”カニ爪”は無いけど)。
このデザインのためにこれまでのSLシリーズとは異なり絞りリングをマウント側に、フォーカスリングを先端側に配置している。
特筆すべきはNikonとの間にライセンス契約を結んで開発されたということで、MF専用レンズにもかかわらず電子接点を持っていること。
この電子接点を通じてボディとの通信が可能になり、ボディ内手振れ補正(3軸)とMFアシストが利用出来る。
つまりNikonは通信に関する情報を開示したということなので、今後は他のサードパーティー(タムロン・シグマ等)も正式にZマウントレンズを出してくるかもしれない。

イメージサークルはDXフォーマット用でクラシック調デザインボディで大人気となった「Nikon Z fc」とのマッチングは最高。
私もお金があったら欲しいよ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す