Sスケート女子パシュートで日本が銀メダルを獲得!

北京五輪のスピードスケート女子パシュートの決勝が行われ、今大会ここまで2個の銀メダルを獲得している高木美帆選手を含む布陣で登場した日本は決勝でカナダに敗れたものの2位で銀メダルを獲得した。
準決勝で危なげなくROCを破った日本だったが、決勝の相手は今季W杯3連勝中のカナダ。
一昨季までは日本が常勝していたが、ライバル各国が戦略や戦術を研究して立ちはだかるようになり、今季は2位が2回と8位が一回でまだ優勝が無い。
それでも決勝まで駒を進めたのはさすがと言いたいが、決勝ではカナダの後塵を浴びて残念ながら前回大会からの連覇はならなかった。
#最終週まで僅かにリードしていたが、最終コーナーで疲れた高木菜那選手が転倒してしまった・・・
最後は転倒という衝撃的な結果で金メダルを逃した形になったが、ここまでの健闘を考えると決して菜那選手を責めることなんか出来ない。(でもいるんだろうなぁ、心無い批判を浴びせる”自称”コメンテイター(笑)ってのが・・・)

このレースで銀メダルを獲得した高木美帆選手は今大会3個目のメダルとなり、前回大会での金銀銅各一個と合わせて合計6個となり、夏冬通じて日本人女子としては最多のメダル獲得となった。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す