大谷がまたも快音!

米メジャーリーグ、ロスアンジェルスエンゼルスの大谷翔平選手がまた快音を響かせた。
ボストンのフェンエイパークでのレッドソックス戦の出場した大谷は初回に左翼フェンス直撃の二塁打を放つと、六回の第3打席は低目のカーブに泳ぎながらも最後は右手一本でバットを振り切った。
単なる左翼への飛球と思われた打球はなんとフェンウェイパーク名物の”グリーンモンスター”を超えて左翼席に飛び込む今季第11号の本塁打となった。
大谷の本塁打は7試合ぶりで11本目、ア・リーグトップタイに再浮上した。
試合は2点を先制されたエンゼルスが大谷の本塁打で1点差とした後、七回に逆転するもその直後に再逆転を許し敗れて三連敗となった。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す