あと177万キロ!

JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」は現在地球から177万Kmのところまで来ている。
カプセルの地球帰還は今週末の12/3午前3時(日本時間)頃と発表されている。
帰還の為の最後の軌道修正のためのスラスタ噴射が今日の16時前に予定(TCM-4)されていて、ほんの少しの速度調整(4.5cm/s程度)が行われる。
今回は探査機本体は突入せず、試料を収めたカプセルだけが突入するので、残りの距離がおよそ22万㎞となる12/5の14-15時頃にカプセルを切り離し、分離の1時間ほど後に本体は地球圏離脱コースに移行するための軌道修正(TCM-5)を行うことになっている。
前回の帰還時は本体も大気圏に突入して燃えたために非常に明るい火球となったが、今回はカプセルのみなので前回のような派手さは無い(それでもマイナス7-9等級程度と推定されている)。
今回のミッションは大きなトラブルも無く進行していて、残るはカプセル内にどれくらいの試料が入っているかだな・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す