SIGMAが世界最小最軽量のフルサイズミラーレス機「SIGMA fp」を発表

SIGMAがいきなり「SIGMA fp」を発表した。
フルサイズセンサー搭載では世界最小最軽量(2019年7月現在)のフルサイズミラーレス一眼カメラ。
正面からの写真を見ると、ボディの高さはマウント(Lマウント)径+2-3mm(?)程度しかなく、幅はその2倍弱しか無いように見える。
発表されている寸法は112.6 × 69.9 × 45.3 mm、重量はボディのみで370gとフルサイズセンサー搭載とは思えない数字が並ぶ。
これならメーカーの言う「ポケッタブル・フルフレーム」というのも頷ける。
価格や発売時期は未定となっているが、価格次第ではスマッシュヒット商品となるかも?

センサーが同社お得意のFOVEONセンサーでは無く、ベイヤー配列のセンサーというのは残念だけど、これは動画撮影を考えると仕方が無いのかなぁ???

←クリックしてくれると嬉しいです。

コメントを残す