オリンパスの「E-M1X」は大型化する?

オリンパスが開発しているという新型マイクロフォーサーズ機「E-M1X」には縦型グリップが付いて大きくなるのでは?という噂がある。
他社で言うとCanonの「EOS 1DX」系やNikonの「D5」のようなデザインと位置付けになるとか・・・
つまり性能もほぼプロ向けとなるようで、価格もそれなりになると思われる。
メーカーとしては東京オリンピックを控えて本気でプロ用機材を出すという考えなのだろう。

これに関してネットでは”大きくなるなら買わない”とか”小型軽量を求めている”等の反対意見が多く見られる。
まぁ、そう反対意見を述べる人は買わなければ良いだけで、必要な人が買えば良いだけだと思うんだけどね。
そういう私もマイクロフォーサーズにはコンパクトさを求めるので、大きくて重たいのは敬遠してしまうだろう。
反対に考えればレフ機のフラッグシップ並みの性能がフルサイズのレフ機よりも小型化されているなら必要とするユーザー層がいるかもしれないということだろう。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す