ファイターズ、逆転で連勝!

北海道日本ハムファイターズは昨夜、リーグ5位を争っている千葉ロッテと相手の本拠地で対戦。
序盤、ロッテに3点を先行されるも、六回に松本・中田の適時打と相手の失策で同点に追いつくと、八回にはこの試合ここまで無安打の大谷が勝ち越しの8号本塁打を放ち逆転。
その後は今の”勝利の方程式”と言っても良いマーティン-増井のコンビが相手打線を完璧に封じ試合終了。

先発の有原が二回には犠飛で、三回には本塁打で合計3点を失ったが、どちらの回も先頭打者に安打を打たれ無死の走者を許したのが原因かと。
三回は2点を失った後も四死球二つで無死一二塁としたが、後続を併殺打と三振に切って取り追加点を許さなかった。
四回と五回は三者凡退、六回には二死から七回は一死から安打で走者を出すが後続を打ち取り無失点。
この投球が八回の大谷の逆転本塁打を生んだと言っても良いかと。

それにしてもこの試合、4試合ぶりに大谷が打者として先発出場したからというわけでもなかろうが、四番の中田が6/13の横浜戦以来となる久々の3安打と大当たり。
五番のレアードは安打は無かったが六回の好機に打った遊撃への当たりが相手の失策を呼び同点となるなど主軸がそれぞれ得点機を演出した。
流れが良いとこういう良い結果が出るということなのか。

この勢いで今日の対ロッテ最終戦も勝利で飾って欲しいね!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す