高梨が53勝目!

スキージャンプ女子のワールドカップ個人第18戦はピョンチャンで行われ、前日四度目のワールドカップ総合優勝を決め最多勝に王手をかけている日本の高梨沙羅が優勝し今季9勝目通算53勝目を挙げた。

一本目2位の高梨は二本目で逆転し、二本目に逆転され2位に終わった前日の雪辱を果たした。
2位には前日高梨を逆転で下した伊藤有希で、一本目の4位からこの日の最長不倒である111mを飛んで一気に順位を上げた。
二日続けて日本のトップジャンパー二人が1-2という日本選手団にとってはこれ以上ないという結果が出た。
その他の日本選手は。勢藤優花が5位(自身最上位)、岩渕香里が17位に入りそれぞれW杯ポイントをゲット。
今季ここまでの総合順位は高梨が1位(決定)、伊藤が2位、勢藤が12位、岩渕が18位となっている。
2位の伊藤は最終戦(3/12:オスロ)で5位以内に入れば現在3位のマーレン・ルンビュが優勝しても2位を守ることが出来、史上初めてW杯総合で日本人が1-2位を獲るということになる。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す