「EOS 5D Mark IV」はCFastとSDXCのデュアルスロットになる?

CANONのフルサイズデジタル一眼レフ「EOS 5D Mark III」の後継機となるであろう「EOS 5D Mark IV」はメディアスロットがCFastとSDXC(UHS-II対応)のデュアルスロットになるという噂が出て来た。
現行の「EOS 5D Mark III」がCFとSDXCのデュアルスロットなので、これは十分に考えられることとはいえ、そこまでの書き込み速度が必要になるのだろうか?
もしそうなら、連写枚数が大幅に増えるか、動画サイズ(4K対応?)やフレームレートを高く設定出来ると言うことになりそうな感じ。
はたしてどういった仕様で出て来るのか?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す