ファイターズ、大谷が阪神相手に昨年の雪辱を晴らす!

札幌ドームで行われたプロ野球セ・パ交流戦の北海道日本ハムファイターズ対阪神の3回戦は、ファイターズの大谷が阪神打線を7回まで3安打2四球で無失点に抑えて勝った。

ファイターズ先発の大谷は昨年の阪神戦(甲子園)で開幕8連勝を阻止されている。
この試合は大谷は7回を投げ11三振を奪ったものの4安打3四球で1点を失い、味方打線が0点に抑えられたために負け投手となっている。
この因縁の相手に今年は地元で対戦し、前述したように7回を無失点で抑え、初回から打線の援護もあり四連勝で今期五勝目をあげた。

試合は1回の表の阪神の攻撃を大谷が三者三振で切ってとり、その直後の1回裏にファイターズ先頭打者の陽 岱鋼が今期被本塁打0本の相手先発岩崎から自身7本目の先頭打者本塁打を放ちファイターズが先行。
その後も3回には西川、4回にはレアードがそれぞれ2点本塁打を放ち4回までに5点のリードを奪うという、今年のファイターズの勝ちパターンを象徴するような本塁打攻勢を見せた。
結局ファイターズが7回にも相手の失策で1点を追加し、投げては8回から大谷の後をうけた鍵谷・井口がそれぞれ走者一人を出すも後続を抑え共に無失点で投げ抜き阪神打線に1点も与えることなく試合終了。
これで今年の阪神戦は2勝1敗と勝ち越し、交流戦の星も6勝6敗の五分に戻した。

交流戦も残すところあと6試合、全てビジターでのゲームとなるが全勝を目指して戦って欲しい!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す