水没品にも値段が付くか・・・

ヤフオクに「EOS 5D MarkII」の故障品が出品されていて、終了4時間前の時点で2万5千円ほどで入札されている。
故障の内容は水没、しかも海水で電源スイッチも動かないので通電確認すら出来ないとのこと。
メーカーサイトで水没品の修理費用の概算を見ると5.5万円ほど。
仮にこのままの価格で落札され、修理費用も上記の金額だとした場合、合わせるとおよそ8万円ほどとなる。
この商品にはバッテリー・充電器等の付属品も無いがそれらも別途手配するとしても10万円以内で収まる。
中古相場よりは多少安いし、内部のパーツが新品になるので考えようによってはお徳なのかも。
でも、海水に浸かったのが5.5万円で直るのだろうか?基盤からシャッターユニット、ミラーボックス辺りの交換と、ファインダーやセンサー周りの清掃となったらこの金額で済むとは思い難いんだけど?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す