シャッター故障の「EOS 40D」のショット数は?

先だって処分を頼まれたシャッター故障(先幕が動作しない)の「EOS 40D」のシャッター回数(ショット数)を調べてみた。
調べる手段をざっと調べてみると、
・ショット数ドットコム(http://ショット数.com/)
・「40DShutterCount」というフリーソフト(EOS Utilityがインストールされていることが必要)
・「EOSInfo」というフリーソフト
と3つの手段が見つかったので、上から順に試してみた。
ショット数ドットコム(http://ショット数.com/)が一番手軽なので最初に試してみた。
やりかたは簡単で撮影したデータ(jpg)をこのサイトにアップするだけで、データ中に含まれる情報からショット数を示してくれるということになっている。
早速撮影したデータ(真っ黒のjpg)をアップしてみたところこのサイトでは調べることが出来なかったorz。
次に「40DShutterCount」というフリーソフトをダウンロードサイトの指示通り指定したフォルダに置いて試してみたが、対応機種となっているにも拘わらずエラーとなってショット数が調べられない。
最後に「EOSInfo」というフリーソフトをダウンロードしてインストールして「40D」をPCにUSBケーブルで接続し、ソフトを起動すると各種情報が表示された。
その中にある”Shutter count”と言う項目がショット数で、私の場合14万回少々だった。
「EOS 40D」のシャッター寿命はメーカー公称で15万回なので、それよりは少ないが迫っているので故障しても止む無しというところか。
これだと修理に出してもシャッターユニットだけでなく前板ユニット他の消耗部品も交換が必要ということになって費用もそれだけ掛かってしまいそうになるところだったな。
そういやメインダイアルも回す方向によってはスリップすることもあるから、そこも交換になってしまいそうだったな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す