ThinkPad R61のCPUを交換した

一昨日ThinkPad R61用として注文したCore2DuoのT9500(FSB800MHz、2.6GHz動作)が届いた。
その日は交換できなかったので、昨夜交換してみた。
交換作業自体はいつものようにマニュアルを参照しながら行えば全く問題無い。
特にR61はバッテリーとパームレスト/キーボード/キーボードベゼルを外せばCPUファンを外せるので、その下にあるCPUの交換はかなり楽に行え、TVを見ながら30分もかからずに終えることが出来た。

交換後電源SWを押すと何事も無かったかのように起動し、BIOSもOSもT9500を正しく認識していた。
ということで無事にCPU交換が終わったのでWindowsエクスプレス インデックスとHDDベンチを取ってみた。
まずはエクスプレスインデックス。

CPUをT9500に換装した後のWindowsエクスプレスインデックス

CPUをT9500に換装した後のWindowsエクスプレスインデックス

なんとCPUを交換する前と変化が無いorz

HDDベンチの結果は
ALL 浮 整 矩 円 Text Scroll DD Read Write Memory
120766 397491 314933 62141 20228 15920 876 18 72624 81919 269093
で、こちらはT8100の時よりも全体的に向上している。
T8100の時の結果は下記。
ALL 浮 整 矩 円 Text Scroll DD Read Write Memory
104440 326553 258569 52280 19117 14293 874 15 81919 81919 219986

演算系は浮動小数点演算が22%、整数演算の22%の向上でクロックの上昇分の24%には届いていない。
メモリが22%強の向上なのでその影響かな?
描画系は概ね5%から20%のアップでこちらもクロック上昇分とは比例していない。

SuperPi104万桁は19秒から18秒に微妙に速くなったけど殆ど変わらない。

結果的に数値上は性能が上がっていはいるが実際の使用にはあまり影響が無い範囲。
実際触っていてもそれほど変化は感じられないが、こういうのは自己満足だからなぁ(汗)。
R500のCPUをCeleron575からCore2DuoP8800に交換したときは速くなったと感じたけど、今回はCore2DuoからCore2Duoだからなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す