マウント違い?

オークションでチェックしていて入札締め切りが迫っていたレンズ(TAMRON製品)の価格を見ると意外と安かったので、思わず入札した。
100円刻みで入札して自分が最高額になったところで気付いたのが、そのレンズが出品されていたカテゴリーが”ソニー・ミノルタ”だったということ。
つまり落札出来ても私のカメラ(EOS 20D)には装着できないということだ。
気付いたのはオークション終了の寸前だったので出品者に連絡して入札を取り消して貰うことも出来ず、結局そのまま落札・・・
まぁ周りにはソニーの一眼レフを使っている人もいるから、最悪その人に使って貰うのもありかなぁ?と思い、そのまま購入手続きを進めて支払いも済ませた。
一夜明けて商品のマウント部分の写真を見るとどう見てもCanon用のEFマウントに見える。
念のためソニー(ミノルタ)のアルファマウントの写真を探して見ても、商品写真のマウントとは違う。
もしかすると出品者がEFマウントのレンズを誤ってソニーミノルタのカテゴリーに出品していたのかもしれない。
最終的に手元に届いてからでないとなんとも言えないけど、もしEFマウントだったとすると他のCANONユーザーの目に触れにくかった可能性もあり、それで安く落札できたのかも。
だとするとラッキーだったのかもしれないな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

2 comments to this article

  1. 千歳

    on 2014 年 12 月 5 日 at 4:35 PM -

    どっちが届くか、ハラハラですね…

  2. tan

    on 2014 年 12 月 5 日 at 5:52 PM -

    >千歳さん
     先ほど発送したと連絡がありました。
     ワクワクしながら待ちます(違)

コメントを残す