先日のTVで・・・

先日たまたまTVでやっていた番組で、
「大気中の二酸化炭素の増加と地球温暖化には関連が無い」「Co2の排出量を減らすための”エコ”は無駄」
と主張する研究者とその意見に反対する気象予報士や政治家の討論があった。
見ていて思ったのが両者の論点がずれているなということ。
研究者の方は大気中のCo2濃度の変化と地球の平均気温のグラフを示して「関連が無い」と言っているのに対し、反対派の人達は具体的なデータを示さず「(Co2の排出量を減らすための節電とか燃料の節約をせず、)暑けりゃエアコンをガンガン点けて寒けりゃ暖房を入れても地球は大丈夫なんですか?そんなことは無いでしょう!」と言っている。
特に政治家はそういった方向に話を持っていこうとしているように感じたが、これは彼らお得意の「論点のすり替え」なのだろう。
研究者の方が言っているのはあくまでも「二酸化炭素の増加と地球温暖化には関連が無い」「Co2の排出量を減らすための”エコ”は無駄」ということであって、決して節約まで否定しているわけでは無い。
研究者の方によれば各国の政府主導で作られた「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の予測は実際の気温変動と全く異なっていることを指摘し、IPCCの発表している内容に対して信憑性に疑問があるとしているようだった。

どちらの主張が正しいかは番組内では結論が出ず仕舞いだったし、私にも判断は出来ない。
ただ言えるのは両者の論点が異なっていれば討論にはならないということだ。
この週の放送では他の話題でも同様だったが、この話題に関してが討論として最も変だったと思う。
番組製作スタッフはその辺りをどう考えていたんだろうか?非常に疑問である。

あと、司会者の隣にいた女性が余計なことを言って話を判り難くするのは止めた方が良いと思う。

  • ,
  • タグ:
←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す