More from: TV

二人の”17歳”が出ていたのね(笑)

先日のこと、なにを思ったか久しぶりに「海賊戦隊ゴーカイジャー」の第1話を見た。
そうしたらOPのキャストの中に二人の”17歳”の名前があったのを見てビックリ。
キャラクターの声を演じる声優さんの中に”井上喜久子”さんと”田村ゆかり”さんの名前があった。
この作品はスーパー戦隊シリーズ第35作目の記念作品で、声優さんのキャスティングも豪華にしていたのねぇ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

海賊戦隊ゴーカイジャー VOL.1 [Blu-ray]
価格:5573円(税込、送料別) (2022/5/22時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

九回終了!・・・なれど

プロ野球の千葉ロッテマリーンズ対北海道日本ハムファイターズ戦は九回を終了。
九回表にファイターズの宇佐美が三振振り逃げで出塁したものの得点にはつながらず、その裏のロッテの攻撃もルーキーの北山が死球-ボーク-申告敬遠-犠打-四球で一死満塁の危機を招くが、ここから二者連続で三振に切って取り無失点に抑えて延長戦に突入。
したんだけど、ここでTV中継が終了orz。
呪術廻戦のような人気番組には勝てないか(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

アンクだ!

今夜の「火葬研科捜研の女」にアンクが出るというので見てみると確かに出演していた。
回想シーンでは髪型までアンクに似せていたなぁ、10周年だからってやるな東映(笑)。
レギュラー出演者に火野映司もいるので久々に二人の共演を見ることが出来たよ。

#火葬研って「火葬研究会」・・・ってなわけがあるか!(笑)

←クリックしてくれると嬉しいです。

今日3/6の「THE 鉄腕DASH!」

今夜の「THE 鉄腕DASH!」は北海道が舞台だった。
場所は札幌市手稲区の手稲山にあるスキー場「サッポロテイネ」で、内容はなんと5年ぶりとなる雪玉転がしだった。
いつもは録画して観ている(というか溜まりすぎて今でも2019年秋の番組を消化中)のだけど、今日は事前に手稲が舞台という話を聞いていたのでリアルタイムで視聴した。
1時間丸々では無かったが、殆どが同企画だったのでサッポロテイネのゲレンデ(の一部)をよく見ることが出来たのが収穫だった。
1972年の札幌冬季五輪のアルペン(大回転、回転)とボブスレー・リュージュの競技を行った会場でもあるが、私は冬に行ったことが無く当然スキーをしたことも無い。
オリンピック競技に使われたことから上級者向けだと思っていたが、意外と初心者向けのコースもあるようなので家族で一度行ってみようかな?と思い始めたよ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

新スーパー戦隊の制作発表が行われた

シリーズ46作目となるスーパー戦隊シリーズの最新作の制作発表会がオンラインで行われた。
番組名は「暴太郎戦隊ドンブラザーズ(あばたろうせんたい ドンブラザーズ)」。
キャラクターのモチーフは童話の「桃太郎」。
だけど、主人公が変身(アバターチェンジ)するドンモモタロウの色はリーダー色のレッド。
この作品ではシリーズ史上初めて”ピンク”(キジブラザー)を男性が演じることが話題になっている(女性はオニシスター(イエロー)1人だけ)。
その他の色はブルー(サルブラザー)とブラック(イヌブラザー)で、赤青黄黒ピンクとなり、この配色はシリーズ中で10作目となる。
過去の9作品は次の通りだが、前述の通りピンクは全て女性が演じている(【】内はシリーズ通番、()内は放映開始年)。
【6】大戦隊ゴーグルファイブ(1982)
【7】科学戦隊ダイナマン(1983)
【11】光戦隊マスクマン(1987)
【13】高速戦隊ターボレンジャー(1989)
【14】地球戦隊ファイブマン(1990)
【16】恐竜戦隊ジュウレンジャー(1992)
【21】電磁戦隊メガレンジャー(1997)
【30】轟轟戦隊ボウケンジャー(2006)
【34】天装戦隊ゴセイジャー(2010)

放送開始は3/6、ちょっと楽しみだね!

←クリックしてくれると嬉しいです。

上原浩治氏が後任に!

TV番組「サンデーモーニング」で”老害”と言われた張本勲氏の後任として元読売の上原浩治氏が出演すると公表された。
”雑草魂”を売りにして読売でエース級として活躍し、米メジャーではボストン時代にワールドシリーズでの胴上げ投手にもなった方。
自身も何度かゲストとして同番組に出演されているので、すぐに馴染んでくれるのでは無いかと思われる。
レギュラーコメンテイターはこれでなんとかなったとして、もう一人の”老害”である司会者もどうにかしてくれないかなぁ?

←クリックしてくれると嬉しいです。

大晦日

今日は12/31で一年の最後の日。
今年も残り一日を切ったことになる。
今日は特に外出の予定も無く・・・と思ったらネットで注文しておいたものを受け取りに行くのとそのついでに買い物を頼まれていたんだった。
それ以外は用事も無いので妻の実家でゴロゴロしていようかな。
夜には年越しをしながら紅白歌合戦を観るのが楽しみだ。
今年の紅白には布袋寅泰と先だって来年で解散することを発表したBiSHを観るつもり。
今年はどっちが勝つのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

ようやくいなくなってくれるのか!

日曜朝のTV番組のレギュラー出演者である張本勲氏がようやく番組のレギュラーを降板してくれることになった。
昔は故大沢啓二氏との組み合わせでバランスが取れていたが、大沢氏が亡くなって以降は張本氏の暴言が目立つようになってしまい見るに堪えない番組になっていた。
その張本氏もようやく番組を降りる気になってくれたのはただただありがたいが、他にも司会の関口宏氏も”結論ありき”の話題の降り方があるので、番組自体をゼロから作り直したほうが良いようにも思うよ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

香取慎吾が五十六役だと?

元SMAPの香取慎吾(44)がNHKのドラマ「倫敦(ロンドン)ノ山本五十六」で主役の山本五十六を演じると報道された。
写真で見たけど全然五十六っぽく見えない。
もっと貫禄のある人を起用すればよいのに、と思ったけど、舞台が1934年と太平洋戦争が始まる9年前で五十六もその分若かった時代なので仕方ないのかもしれない。
だとしても1934年当時は山本五十六は50歳、現在44歳でどちらかというと童顔で貫録の無い香取慎吾に演じさせるにはかなり無理があるのは間違いない。
香取慎吾主演のドラマというと古くなるけど「こちら亀有公園前派出所」の両さん役と決まった時は写真を見て雰囲気があるなと思ったが、実際には番組はつまらなくて大ゴケしたのを思い出す。
今回は期待できない分失望感も無くて良いかも(笑)

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。