変な狂い方だなぁ?

職場でしばらく前に預かったノートPC(CompaqのNX9005)を久しぶりに動かした。
というのはシリアルポートの付いたノートが必要になり、手近を探したらこのノートしか無かったため。
以前の使用者は「自分が預かってからは一度も使ったこと無い(じゃぁ使用者じゃないじゃん)。」と言っていたが、なんらかの理由で使わなくなったものと思われる。
今回久々に電源を入れてみると特に問題無く電源が入り、OS(WindowsXp)もきちんと起動する。
ちょっと動作が重いなぁ、と思ってスペックを見るとCPUはAthlon XP-Mの2200+(1.8GHz動作)で、メモリは実装256MB(内VRAMが64MBなので実質192MB)という貧弱さ(笑)。
せめてメモリだけでも増やしてやりたいところだけどDDRのSO-DIMMで余っているのが無くて断念。
今度自宅から使わないメモリでも持ってきて増設してやろうかなぁ?

で、このPCの時刻が変な狂い方をしていた。
WindowsXPをアップデートしようとして時計が狂っているかも?という警告が出たのであらためて時計表示を見ると、日付が何故か2004年の8月で、時刻は実時刻の1時間ほど後の時刻となっていた。
内蔵バッテリが上がってしまい保存していた時刻がリセットされてしまうと、大概は2000年の元旦になってしまうものなのだが、何故こんな中途半端な狂い方をしていたのかな?
ま、すぐに正しい日付と時刻を設定したのでWindowsのアップデートは出来たけど、メモリが少ないのでSP3のダウンロード&インストールに2時間近くもかかってしまったよ(汗)。

このノートPCの最大の問題は本体側の電源コネクタ周りに接触不良箇所があるようで、電源ケーブルを触ると突然電源が落ちること。
新しいノートならバッテリで駆動されるので多少の電源供給断は問題になり難いけど、古いノートでしばらく通電していなかったのでバッテリが干上がっていて使い物にならず電源供給が切れると即座に落ちてしまう。
うーん、これだと現場に持って行って使うのにも無理があるかなぁ?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す