うーん、高いんだか安いんだか・・・・・・

Windows8の購入をどのようにするか考えている。
マイクロソフトのサイトからアップグレード版を購入するか、販売店からアップグレード版のパッケージを買うか、DSP版を買うか?
それともボリュームライセンス(VL)でSAを付けて買うか?
で、試しにとあるリセラーサイトでVLの見積りを出してみると、SA付きで2万1千円ちょっと、SA無しではそれよりも1,500円程安かった。
SA無しだとVLで買う意味があまり無いような気がするので、VLで買うならSAを付けるべきなのだろうけど、アップグレード版の優待価格(1月中なら3,300円)の約6倍とはちょっと高いような気がする。
Windows8は出たばかりなので、今SA付きで購入してもSAのメリットである「契約期間中、対象ソフトウェアの新バージョン登場時に、無償で更新できる権利」の恩恵は受けられないと思われる。
SAには他にもメリット(ダウングレード権、PC間でのライセンス移動等)はあるのだけど、個人的にその恩恵にあずかれるか?ということについては少々疑問が残る。
それでも一度はVLでの購入もしてみたいとは思っているので、もう少し考えてみることにしよう。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す