ちょっとだけ前進か?

RISOのカラープリンタ(「ORPHIS X7250A」)へLinux機からの印刷が出来なくて悩んでいる。
最初はlpdを使ったサーバから印刷させようとして/etc/printcapをいろいろ弄っていたが、どうやってもプリンタ側へのデータの送信が出来なかった。
「もしかしてlprに対応していないのか?」とも思ったが、仕様上は対応していることになっている。
それでも上手くいかないので次にcupsで運用しているサーバでRAWポート(9100番ポート)にデータを送ってみたが、データは送られたように見えるが印刷が出ない(これはプリンタ側に無いユーザーで送ったためと思われる)。

数時間の格闘の末lpdで運用しているサーバからのデータ送信に成功した(と思われる)。
/etc/printcapにはリモートホスト名とリモートホスト上のプリンタ名を記述するが、そのプリンタ名が違っていることが判明。
「ORPHIS X7250A」上のプリンタ名は単なる「lp」らしく、/etc/printcapのrpにlpを指定したところ、それまでスプールに溜まっていたデータが無くなった(プリンタに送られたと思われる)。
それまで「lpt1」やら「pr1」やらのプリンタ名を試していたけど、まさかこんな単純な名前だっとわ(汗)。
気付いたきっかけはWindowsXP上の「Standard TCP/IPポート」の詳細設定で、プロトコルをRAWからLPRに変えてLPR設定のキュー名を「lp」にしたら印刷が出来たこと。
このことで「ORPHIS X7250A」が持つプリンタ名は「lp」だろうと見当がついた。

これでサーバからプリンタへのデータ送信に関しては解決したと思われるが、サーバ上に定義したプリンタに対してクライアントであるWindowsPCから印刷データを送ることが出来ない・・・・・・
現在の接続方法はLPTポート(LPT1とかLPT2)に対してnet useコマンドでLinuxサーバ上のプリンタを接続していて、プリンタの使用するポートとしてLPT1等を指定している。
同じサーバ上の他のプリンタに対してはこの方法で問題無く印刷データを送ることが出来ている(印刷できている)。
ところがサーバ上に定義したRISOのカラープリンタ(「ORPHIS X7250A」)を接続したポートにはデータを送ることが出来ない。
テストページの印刷を試すと印刷開始から即座に
「このドキュメントの印刷に失敗しました。」
のメッセージが出てスプールに残ったままになってしまう。
サーバ上のスプールディレクトリのアクセス権とかもチェックしたが他のプリンタとの違いは無い。
PCからサーバにデータを送ることが出来なければ印刷されるかどうかも解らないままだ。
この問題に間しては昨夕から一歩も進んでいないなぁ・・・・・・・
明日もまたこの問題で悩むことになりそうだけど、多少思いついたことがあるので、明日はそれらを試して見ることにしよう。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す