久々の雨・・・・・・・・のような気がする

昨夜から今朝に掛けて雨が降っている。
昨日も一昨日も晴れていたけど今朝は雨模様で、こんなのは久しぶりのような気がする。
実際には昨日も一昨日も夜には雨が降っていたのだが、朝には上がって路面も乾いていたので、雨が降った感じがしなかっただけ。
ところが今日は今(午前9時半)になっても雲が多く、太陽は隠れたままで弱いながら雨も降り続いている。
昼間に雨が降るのは久しぶりじゃないだろうか?
予報ではこの後晴れるらしいので、「さっぽろオータムフェスト」にはあまり影響は出ないだろうな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

で、今日からは

今日から「劇場版 機動戦士ガンダム00」の公開ではないか。
いつ観に行こうかなぁ?
どの劇場でいつまで上映される予定なんだろ?
チェックするのをすっかり忘れていたよ(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

さっぽろオータムフェスト2010

そういえば昨日(9/17)から大通公園で「さっぽろオータムフェスト2010」が始まっている。
詳しくは「公式サイト」(http://www.sapporo-autumnfest.jp/)を見て貰うとして、とにかく美味しいものが並ぶので毎年楽しみにしている。
#まぁ、昨年は九州の焼酎の有料試飲会で少々呑み過ぎたきらいはあるが、、、、、、
今年はどんな美味しい物を食べられるのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

涼しくなったなぁ

今年の夏は異常に暑かったけれど、9月も半ばを過ぎてようやく涼しくなってきた。
今日は風が北寄りで強めと言うこともあって、外にいると半袖では少々肌寒く感じることもあるほど。
それでも最高気温は25度まで上がって夏日になっているので、平年(21.6度)に比べるとまだまだ高い。
札幌の9月の夏日の回数は1971-2000年の30年間の平均で3.9回で真夏日は0.1回なのだけど、今年は真夏日が2回で平均の20倍、夏日は今日18日までで既に16回と平均の4倍となっている。
いかに今年の夏が暑いかということだなぁ。
平年の初雪は10月27日となっているが、あと一月ちょっとで雪が降るようには思えないなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

iPod touchの販売が始まった

今月始めに発表されたiPod touchだが、発表直後はApple storeに
「関係当局の認可申請中です。」
の一文が載っていて、出荷予定も4-5週間となっていた。
ところが数日前から先の一文が消え、出荷予定も5-7営業日に変わっているので、総務省から認可が下りて販売が始まったのだと思われる。
予想よりも少々早い販売開始ではあるが、待っていた人には朗報だろう。

うーん、欲しいけどやっぱり先代モデルを買ったばかりだからなぁ、、、、、、
新型を待てないから出るのが判っていて旧型を買った訳だからなぁ、、、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

今度はD525+次世代ION搭載の小型ベアボーンが発売

昨日ATOM D510+次世代ION搭載の超小型自作キットが発売になったと書いたけど、今度は上位のATOM D525+次世代ION搭載のベアボーンが出た。
ZOTACの「ZOTAC ZBOX Blu-ray HD-ID33」がそれで、とにかく筐体が薄く(約40mm)、デザインもスタイリッシュでPCっぽく見えない。

大まかなスペックは次の通り。
CPU:Intel ATOM D525(1.8GHz,デュアルコア)
チップセット:NM10 ExpressP
GPU:次世代ION(VRAM512MB DDR3)
メモリ:DDR2 SO-DIMMスロット×2(最大4GB)
LAN:Gbit対応イーサネット&無線LAN(802.11b/g/n)
ストレージ:2.5インチHDDorSSD×1本搭載可能
光学ドライブ:Blu-rayコンボドライブ搭載済み(Blu-ray再生ソフトとしてPowerDVDが付属)
といったところ。
あれ?と思ったのがD525なのにメモリがDDR2であるということ。
DDR3メモリで最大容量の4Gを搭載しようとすると高価な8チップモジュールにしなければならないので、これはDDR2で正解かも。
ディスプレイ出力はDVI(デュアルリンク)とHDMI(HDCP対応、8チャネルオーディオ出力)でアナログは無し(付属のDVI→VGA変換コネクタを使えばアナログ出力も可能)。
USBポートもUSB2.0(フロント・リア各1ポート)に加えUSB3.0(フロント・リア各1ポート)を装備。
と結構良さげな仕様だけど、その分価格も高くて実売で5万円台半ば。
HDDorSSDとメモリとOSが別途必要なので、一式組み上げるとなると結構なお値段になってしまう。

また、この製品はVESA対応のマウンタが付属しているので、対応する液晶ディスプレイの裏側に装着することが可能。
詳細な仕様はメーカーサイトの商品ページ
http://pdjp.zotac.com/index.php?page=shop.product_details&flypage=flypage_images.tpl&product_id=277&category_id=118&option=com_virtuemart&Itemid=1
参照のこと。

←クリックしてくれると嬉しいです。

でかけりゃ良いってもんでもなかろうに

TVで「ネタの大きい回転すし屋」というのが取り上げられていた。
見たところ確かにネタの大きさは半端ではなかったが、中にはネタが大きすぎてシャリが見えなくなっている商品もあった。
というか、あそこまで行くと最早「寿司」では無い!
#いや、そもそも「回転寿司屋」と「寿司屋」は全く異なるものだけどねぇ。
見た目のインパクト*だけ*はあるけど、自分ではこんな店に行きたいとは思わない。
ねぎとろと言っていたもののどこが「ねぎとろ」なんだろうか?しかもそのねぎとろ(と名前を付けられたマグロのすり身に脂肪分を混ぜたもの)で寿司飯のおにぎりを包んで刻んだ万能ねぎを振りかけた謎の物体なんかは目もあてられない。
そもそも店の一番人気の商品が「キングサーモン」ってどういうこと?他に美味しいネタが無いってことじゃないか(笑)。
北海道にはこんなお店が無くて良かったと思うよ(笑)。
もしかして本州のほうでは、こんな話題でも無いと客を集められないのか?

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

これ、便利かも(笑)


これがあれば、ノートの光学ドライブの替りにSATAのHDDを組み込めるなぁ。
小型でスリムタイプの光学ドライブを組み込んであるケースに、もう一台HDDを組み込むことも出来る。
厚み(1.3cm)から考えると9.5mmのHDDしか入らないだろうけど、案外良い商品かも、、、、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

sambaでの接続が回復した・・・・・・・

しばらく前からsambaでアクセス出来ないと言われて預かっていたサーバで、ようやくアクセスが可能になった(と思う)。
正確には起動直後はアクセス可能なのだが、時間が経過するとアクセスが遮断されるようになっていた。
いろいろ調べていてlog.nmbdを見るとマスターブラウザになろうとしてなれないというエラーが出ていた。
同じセグメントにはWindowsサーバもあり、そちらがマスターになっているようでリクエストを遮断しているように思えた。
まぁマスターブラウザにする必要も無いので、smb.confを修正してマスターブラウザにならないようにしたが、それでもエラーは出ていたが、とりあえずこの件は無視。

http://www.samba.gr.jp/ にあった文書を参考に、
smbclient -L サーバ名
でlinuxサーバ自身から接続しようとすると
Receiving SMB: Server stopped responding
session request to “サーバ名” failed (Call timed out: server did not respond after 20000 milliseconds)
とタイムアウトを起こしてしまいアクセス出来無い。
さらにsambaのログにも残らないので、これはリクエストがsmbdに渡っていないということだ。

そこで
netstat -a
コマンドでnetbios-ssn ポートが「LISTEN」状態になっているかを確認すると、それさえ表示されない(あれ?)。
ps -ax
でプロセスを確認すると
smbd -D
は動いているから、その前になにか障害があるようだ。

気になったのは
/var/log/samba/log.nmbd
に停止時のログとして
Packet send failed to 192.168.122.255(138) ERRNO=無効な引数です
というエラーが記録されているが、こんなIPアドレスを設定した覚えは無い。

nmbdが正しく動作しているかを確認するために、
nmblookup -B “サーバ名” __SAMBA__
を実行すると、正しいIPアドレスが帰ってくるから少なくともnmbdは動作していて、リクエストも受け取ってくれている。

次にクライアントのアドレスも返してくれるか、
nmblookup -B 192.168.xxx.255 “クライアントPC名”
を実行すると、こちらもIPアドレスが帰ってくる。

さらにブロードキャストへの応答を確認しようと
nmblookup -d 2 ‘*’
を実行したところ、
added interface virbr0 ip=192.168.122.1 bcast=192.168.122.255 netmask=255.255.255.0
added interface eth0 ip=xxx.xxx.xxx.xxx bcast=xxx.xxx.xxx.255 netmask=255.255.255.0
querying * on 192.168.122.255
Got a positive name query response from 192.168.122.1 ( 192.168.122.1 )
192.168.122.1 *<00>
と出力された。

interfaceのeth0は設定してあるが、もう一つの”virbr0″というのは設定した覚えは無い。
ところがこのIPアドレスには見覚えがある。
そう!log.nmbdにあった謎のブロードキャストアドレスと同じネットワークのアドレスだ。
そもそも”virbr0″というinterfaceは設定していないのだが、何故に出て来ているのだろうと思って、”virbr0″でググって見ると、どうも(XENとかで使う)ヴァーチャルマシン用のブリッジデバイスのことらしい。
この”virbr0″というinterfaceはlibvirtをインストールすると勝手に作られるらしく、どうもこれが本来のeth0の邪魔をしている感じだ。

/sbin/ifconfig
でネットワークの設定を見ても立派にネットワークインターフェースとして設定されている。
なので、このインターフェースを
/etc/sysconfig/network-scripts/ifdown virbr0
として止めようとしたが、
使い方: ifdown <デバイス名>
と出てしまい止められない(そりゃそうだ、実在のデバイスでは無いのだから)。

XENをインストールした覚えは無いが念のため
ps -ax | grep xen
としてみたが、当然ながら何も出てこない。
やけっぱちで
ps -ax | grep vir
としてみたら、
2189 ? S 0:00 libvirtd –daemon
というのが出てきたでは無いか。
仮想マシンを使うつもりは毛頭無いので、これを動かす必要も無く、早速止めることにした。

止めるには
/etc/rc.d/init.d/
の下にある”libvirtd”スクリプトを使えば良く、
/etc/rc.d/init.d/libvirtd stop
で簡単に止まった。
そうしたところ、virbr0というインターフェースは消滅し、smbclientでの接続も可能になり、クライアントPCからの接続も可能になった(はぁー、長かった・・・)。
ただ、このままではサーバの起動時に自動でlibvirtdが起動してしまうので、
/sbin/chkconfig –level 345 libvirtd off
として、自動起動を止めた。
しっかし、なんでlibvirtなんて入っていたのかなぁ?

←クリックしてくれると嬉しいです。