東京行きが決定してしまった

決定と言っても日程の細かいところは未定。
決まっているのは来週の火曜日(11/16)か水曜日(11/17)に行って、水曜日に帰ってくるということ。
いや、もちろん東京ですることは決まっているけど(汗)。
火曜日に行くことが出来れば、その日の夜は遅くなってからならある程度余裕があると思うので、久々に東京の街を歩くことが出来ると思う。
翌日も早めに仕事が終われば帰りの飛行機の時刻(ほぼ間違いなく最終便)までは空くことになるなぁ(笑)。
火曜日は秋葉に行けないと思うのが少々残念。
あぁー、火曜日の打ち合わせが早く終われば良いんだけれどなぁ、、、、、、
下手をすると打ち合わせの開始が夜になるやもしれず・・・・・・
いや、それ以前に水曜日日帰りになるかも・・・・・・・

急に話が決まったので、機材の手配とかで忙しくなってしまった、、、、、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

熱が出た・・・・・

木曜日にも熱が出たけど、昨夜からはもっと高い熱が出た。
夕食を近所の焼肉屋さんで食べて帰宅後に寒気とそれに伴う震えがとまらず、暖かくして早々に寝たおかげで震えはとまったけど、未だに熱が下がりきらない。
今も額に冷えぴたシートを貼っているが、今日はこれから親類のお通夜に行かねばならないので、支度をしているところ。
新型インフルエンザで無ければ良いが、どちらにしてもお通夜の間だけは身体を持たせなければ・・・・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

ようやくIntelからD525マザーが出た

新型ATOMであるD510/D410を搭載したマザーがIntelから発売になったのが今年の1月7日だけど、その後継(?)となるD525を搭載したマザーは他社からは出ていたが、この度ようやく本家のIntelから発売になった。
発売になったのはデュアルコアのD525を搭載した「D525WMD525MW」とシングルコアのD425を搭載した「D425KT」の2機種。
大まかな仕様はD510を搭載したD510MOと似ているが、対応メモリがDDR3のSODIMMになったのが大きな違い(ただしシングルチャネル)。

D525が扱えるDDR3メモリモジュールは8チップ品(例えば「センチュリーマイクロ Intel Atom対応DDR3-SODIMM 2GB CD2G-SOD3U1333H」のような製品)であることが条件だったが、Intelは16チップに対応させる予定があると言っていたことがあるので「D525WMD525MW」がどうなっているかが気になるところ。
それでもIntelの認証を受けているメモリモジュールは現在のところ3種しかなく、いずれも8チップモジュールなので、未だに16チップモジュールは使えないものと思われる。

その他の仕様はD510MO及びD410PTとほぼ同じで、ネットワークインターフェイスが下位に当たるD425KTは100M迄となっていることや、USB2.0のピンヘッダがD525MWの場合3ポート分しかないところもD510MO及びD410PTと同じ。

要はD510MO(D410PT)のCPUをD525(D425)に変更し、対応メモリをDDR3に変更しただけのような製品だと思われる。
他社製のマザーのように新しいものは何も無いが、その分価格が安くD525WMD525MWの実売価格が7千円台前半から8千円弱までと、D510MOの当初価格より若干安くなっている(D425KTは6千円台前半)。

ざっと仕様だけを見たところ、D510MOから無理に乗り換える必要も無いが、新しくATOMで組むのなら選択肢に入れても良いと思う。

個人的には書いていて実際に買って試してみたくなってしまったけど、もうちょっと待ちかな?

D525WMD525MW:http://www.intel.com/products/desktop/motherboards/db-D525MW/D525MW-overview.htm
D425KT:http://www.intel.com/products/desktop/motherboards/db-d425kt/D425KT-overview.htm

Intel M/B Essential mini-ITX DDR3-800 GMA3150 VGA GbE LAN PCI x1 BOXD525MW

B0041RSC94

関連商品
シー・エフ・デー販売 CFD Elxiir DDR3 SO-DIMM PC3-8500 2GBメモリモジュール D3N1066Q-2G
NTT-ME SCR3310-NTTCom
by G-Tools

←クリックしてくれると嬉しいです。

D525搭載ベアボーンにメモリとHDDを載せた商品が発売された

9/17の記事「今度はD525+次世代ION搭載の小型ベアボーンが発売」で取り上げたD525搭載のベアボーンにメモリとHDDを搭載したPCが発売になった。
「ZOTAC ZBOX Blu-ray HD-ID34」がそれで、「ZOTAC ZBOX Blu-ray HD-ID33」に2GBのメモリと、250GBのHDD(SATA,5400rpm)を搭載したものだ。
今までは別途HDDとメモリを購入して自分で組み込まなくてはならなかったが、この製品なら手元に届いたらそのままOSのインストール作業に入ることが出来る。

詳しい仕様等はメーカーサイトを見て貰うとして、気になるのは搭載されているメモリ(DDR2-800)が1枚なのか2枚なのかというところ。
どうも製品写真で見る限りは2枚載っているようなので、1GBが2枚なのだろう。
つまり仕様上の最大容量である4GBに増設したい場合は、標準搭載のメモリを外さなくてはならないということ。
メモリを増やしたいという人は最初からメモリ無しのモデルを買えば済むことで、このモデルはそのままの仕様で使う人向けということか。
ただ秋葉原での実売価格が64,800円ということで、メモリ非搭載モデル+HDD(実売で4,500円強)+メモリ(実売で2,000円程度×2枚)より安くなる可能性があるので、その場合はお買い得と言うことになるし、組み立ての手間が要らないのはメリットだ。

このままの仕様でもWindows7をインストールすれば手軽にBlu-ray再生PCとして使えるようになるが、それだけに使うには少々高価過ぎる気がする。

←クリックしてくれると嬉しいです。

VRAMって4GBまでだったんだぁ

今週に入りとんでもないビデオカードが発売になった。
ELSAから出た「Quadro 6000」を搭載したビデオカードがそれで、なんと6GBものVRAMを搭載している(メモリ種別はGDDR5)。
ところがメーカーサイトには
「Windows XP (32/64bit)及びWindows Vista (32/64bit)環境で使用する場合、OS側の制限によりメモリが4GBまでしか認識できません。」
という記述がある。
つまり搭載されているメモリをフル活用するにはWindows系のOSではWindows7しか無いという事。
まぁこんなスペックのビデオカードを使おうとする人はそう沢山はいないと思うけど(価格も50万円と高価だし)、購入する人は注意が必要だ。
それよりもVRAMに容量制限があるということは初めて知った。
メインメモリの容量に関しては以前から32ビット版OSでは約3GBまでしか利用できないということが知られていたが、VRAMにも同様の制限があったようだ。
それでも32ビット版OSでもVRAMは4GBまで認識できるというように受け取れる記述なので、その場合はメインメモリよりのVRAMのほうが多いということになるなぁ(笑)。
#認識は出来るけど使うことが出来るかどうかは判らない。

メインメモリ512MBのPCにVRAMが1GBのビデオカードを積んでもVRAMのほうが多いってことにはなるけどね。

←クリックしてくれると嬉しいです。

よくはなってきたけど・・・・・・

風邪をひいたみたいなので、大事をとって今日は休みを貰った。
朝食前と朝食後に薬を飲んで寝ていたが、寝すぎで腰が痛くなってしまった(爆)。
それでも昼食を挟んで結構な時間眠っていたので、調子は良くなってきたが、喉の奥(と言うか胸骨の内側というか、気管だと思われる辺り)がまだ熱っぽい。
今までは一日寝ていれば良くなったのだけど、今回は変に長引きそうだなぁ。
それでも明日の朝までには回復させて明日は仕事に行かなければ!

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

古平温泉「一望館」

今日は久しぶりに古平町の「一望館」に行ってきた。
びっくりしたのは駐車場だった所に新しく何かの建物を建てていたこと。
工事票を見ると、温泉施設の新築工事ではないか。
どうも旧古平高校の校舎を利用した現在の施設から移設するらしい。
工期が平成23年2月までになっていたが、同時に工事している外溝工事の工期は3月末までになっているので、オープンはその後か?(古平町の公式発表では23年春オープンとなっている)

中に入ると内部の浴場の案内図も以前とは変わっていて、男湯の場所が以前と反対側の女湯の隣になっている。
受付の人に聞くと男湯の設備が壊れて使えなくなったので、女湯の真ん中に仕切り壁を作り、半分を男湯として使っているとのこと。
壊れたのを直すよりそっちのほうが安上がりになるくらいの壊れ方をしたのだろうか?
「古平だより」によると2009年9月から女湯を二つに分ける工事をして、同年11月11日から現在の形で営業しているらしい。
しばらく行かない間になにが起きたのだろう?

←クリックしてくれると嬉しいです。

雨霰とは

今日の札幌は昨日に続いて雨が降っているけど、ちょっと前には霰に変わっていた。
雪が降るような気温では無いようだけど、高いところでは雪になっているかも。

折角の休みなのでどこかの温泉にでも行こうかと思っているけど、この天気だしあまり遠くには行けないなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ネットワーク上でスキャナを共有するにはどうしたら良いんだろう?

職場の一部署から「複数台のPC(OSはWindowsXp、VISTA)でUSBのスキャナを使いたいが、どのようにしたら良いのか?」という問い合わせが来た。
聞くと使う度にPCから取り外して運ぶのが面倒だとのこと。
「同じ室内なんだからそんな怠慢をせずに持ち歩け!」と言えれば良いのだが、そんなことは言える訳も無く「判りました、調べます」と答えておいた。

プリンタとかHDDはWindowsが標準で持っている共有機能を使えば簡単に共有できるが、残念ながらスキャナのようなTWAIN機器ではそれが出来ない。
いくつか方法はあるが、比較的簡単なのはLANインターフェイスを持つスキャナや複合機を購入してLANに繋ぐ方法。
これだと機器に共有用クライアントソフトが付いていることが多いので、そのクライアントソフトをインストールすれば大概使えるようになる。
ところが今回使いたいというスキャナはLANインターフェイスを持たないので、この方法は使えない。
で、探してみるとUSB機器をネットワーク上で共有することができるという「USBデバイスサーバー」なる製品があった。
複数のメーカーから発売になっているが、機能的にはどれも似たようなもので、価格も比較的安価なものが多い。
もともとUSB機器を共有可能にするだけで良く、その他の機能はいらないので高価なものは探していないけど。
ところがこれだとどうしてもIPアドレスを消費してしまうのが難点。
というのは、職場のネットワークには多数のPCやサーバ等が繋がっていて、IPアドレスに全く余裕が無く、使う人が少数のスキャナだけのためにIPアドレスを割り当てたくは無いから。

で、次に探したのがPCにデバイスサーバの役割をさせることが出来るソフトウェア。
「NeTwain」というソフトが見つかったが、2クライアント用のシェアウェア版で7,350円と少々高く、USBデバイスサーバが買える価格だ。
3クライアント用だと9,800円となり、これだとKOKUYOが推奨するデバイスサーバーの定価と同じ。
虫が良いけどフリーソフトで無いかなぁ?と思っているが見つけることが出来ない。

他に思いついたのはWindowsサーバ系OSのPCにUSBで接続し、データを保存するフォルダを共有しておいたうえで、リモートデスクトップ接続でスキャナを使ってデータを取り込むという方法。
これだとスキャナを接続しているPCが起動していないと取り込み作業は出来ないが、PCを使いながら他のPCでスキャンすることが可能だ。
この方法のネックはサーバー系OS(Windows2000server、Windows Server2003等)をインストールしたPCがその部署に無いこと。
新たにそのようなPCを設置するとなると別途購入しなくてはならないし、そのPC用にIPアドレスが必要になるので意味が無く、素直にUSBデバイスサーバを買うほうがコストも掛からない。

うーん、IPアドレスを犠牲にするか高いお金を払うか、二つに一つなのかなぁ?

#Linux用で何か無いかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。