More from: FAX

FAXが送れない?

ユーザーから「特定の相手にFAXが送れない。FAX番号を限定して受信している相手なので、FAX機の設定でどうにかならないか?」との連絡を貰った。
ちょっと待って、相手のFAXが番号を見ているということだけど、それはどのレベルでの話?ということで、回線レベルなのかFAX機レベルなのかという話をした。
その説明をしている間にユーザーが相手の番号の先頭に”186”を付けたら無事に送れたということだったので回線レベルの話だということが判明。
ということは、FAXに使っている回線(ISDN)は発信者番号通知がデフォルトで非通知になっているということ。
それなら話は簡単で、問題の相手にFAXを送る時は186を付けて送れば良いだけ。
ま、今後別の相手でも同じことが起きるかもしれないし、別に通知をしないメリットは無いので通知にするように業者に頼んで見るとのことだった。
それにしてもISDNって契約時に特に指定しないと通知の状態の筈なので、わざわざ非通知にして契約したんだな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

またRidocでトラブル?

遠隔地の現場から受信したFAXがRidocのフォルダに入らないとの連絡が来た。
ここはつい先日もクライアントPCのRidocDeskNavigatorLt.がエラーを出して再インストールが必要になった現場。
今度はサーバー側のトラブルかと思い、リモートでサーバーに入ってチェックしてみるとサーバー自体には異常は見られない。
FAX側に表示されたというエラーコードを頼りにググってみると、出て来たのはこのブログの過去ログ(汗)。
それによるとFAX機とサーバーの間の通信に障害が発生した場合に起きる問題らしく、実際にFAX機がpingに応答しなくなっている。
なので現地に連絡してLANケーブル周りを点検してもらうことにして、こちらではpingの応答を待っていると10分ちょっとで応答が帰って来るようになった。
早速サーバーとFAX機に接続して状況を見ると、受信したFAXがサーバーに届いていて、PCでも見えるようになったとのこと。
聞くと、LANケーブルは挿してあるように見えたが、念のため弄っているとFAX機のエラーが消えたとのこと。
直ったのは良かったんだけど、LANケーブルを交換した方が良いかもぁ、、、

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

苦労した・・・

遠隔地のFAX(RICOHのEL6000)がいきなりエラー表示を出してしまった。
ちょうど私がリモートで宛先設定をしていて、変更内容を保存しようと”適用”ボタンを押したら反応が無い。
おかしいと思って原因を考えていると、その現場から「FAXが変な画面を出してなにも出来なくなった」との連絡が来た。
詳しい状況を聞くと、液晶画面に起動時に表示される”Under Processing”という画面と、見たことも無いエラー画面が交互に表示されているという。
ソフト的なエラーなら電源の再投入で復帰することが多いので、先ずは電源を入れ直して貰ったが、それでも同じ画面の繰り返しだとのこと。
どうにも手に負えそうにないのでメーカーサポートに連絡して状況を説明、何度かやり取りを繰り返すと、エラー内容が実はあまり出ないものらしく、制御基板の交換が必要かも?とのこと。
とにかく実機を見ないとなんとも言えないということなので、現地の責任者と調整して貰って来て貰うことになった。
ちょうど同じ型のFAX機を別途購入したばかりなので、替わりに設置することにして最低限のネットワーク設定までして貰った。
後は私が遠隔から設定をすることになるんだけど、スキャンtoフォルダの機能を使おうとして大嵌りorz。
どう設定しようが転送先のPCのフォルダにスキャンした内容が転送されない。
故障した同型機では問題無く転送できていたのでPC側の問題とは思えなかった。
いろいろと調べる内に公式サイトに「Windows10のPCに送信できない場合があり、その場合はファームウェアの更新が必要で、保守契約の内容によっては有償になる」という記述を発見。
確かに転送先のPCのOSはWindows10なのでファーム更新が必要なのかも?その場合はお金がかかるのかぁ、、、と思い現地の責任者にその旨を知らせると、別のPCならWindows7なのでそちらに転送できないか?とのこと。
試しにそちらのPCに転送するように設定すると、嘘のように問題が解決した。
いやぁ、解決したから良いけど、今日はほぼ一日この問題にかかりっきりだったな(汗)。
ちなみに最初に故障したFAXのエラー画面はこんなの

EL6000のエラー表示

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

迷惑なFAX?

通常の電話回線にしつこくFAXから着信がある。
それもしつこく何度も何度も。
放っておくとしばらくなり続けているところを見ると一定の呼び出し回数で勝手に切れることも無いようだ。
かといって受話器を取って切るとまたすぐに着信する。
その部署の人達は電話が大切な仕事の道具なので、電話回線が塞がれてしまうと業務妨害になる。
幸いにして1時間ほどでこの攻撃(?)は一応収まったが、どこの誰がこんな嫌がらせをしてくるんだろう?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

あれ?転送出来ない???

ユーザーから「FAXが受信したFAXデータがファイルサーバーに入っていない。」という連絡が来た。
使っているのはRICOHの「RIFAX EL-6000」というFAX専用機で、受信したFAXをtiff形式にしてファイルサーバーの特定ディレクトリにftpで転送するようにしてある。
この転送がどうもうまくいっていないようで、ファイルサーバーの中にはここ数日で受信しているデータが全く入っていない。
最初は転送設定が狂ってしまったかと思い見てみたが特に問題は無い。
このFAX機はスキャナとしても使えるので、スキャンデータ保存用の宛先も設定してあって、そちらにはちゃんと転送出来ているのでサーバー自体がftp接続を拒否しているわけでもない。
転送されないのはFAX受信データだけなので、試しに受信データ用の宛先にスキャンデータを転送してみたところ、下の写真のエラー(ED0601)が出てデータの送信が出来なかった。

EL-6000のエラー表示

EL-6000のエラー表示


つまり問題は受信データ用の宛先にあることが判明。
そこでサーバー内の受信データ用ディレクトリの中を見ると過去に受信して転送されたファイルが6000個余りあったので、ファイル数が多すぎて駄目なのかと思い試しに自サーバーからlocalhostにftp接続して適当なファイルを送信してみると問題無く送信された。
ということはファイル数が多すぎて駄目と言うわけでも無さそう・・・
うーん、なんだろう?としばらく悩んだ後で駄目元でディレクトリ内のファイルを整理して数を減らしてみたところあっさりと解決した。
FAX機の内部でどんな処理をしているのか判らないけど、smb転送の場合と同じくftp転送の場合もファイル数が多すぎると駄目らしい・・・
なのでユーザーには原因を説明してあまりファイルを溜めないようにお願いしておいた。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

そりゃぁ受信出来ないよ

現場から「FAXが全然来ない」という連絡が来た。
時々FAXシステムが不調になることがあるので、そのせいかと思ったがすぐに解決。
なんとFAXに接続してある電話線が抜けていたとのこと。
何故抜けていたかは不明だけど今使っているFAXは目立たないところ(完全に裏側)に電話線の挿入口があるので、なにかを引っ掛けて抜けると言うことはまず無い筈。
ということは誰かが意図的に抜いた?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

不良品じゃないの?

リコーのFAX「EL-6000」を導入した。
職場のFAXの大半を入れ替えたわけだが、評判は芳しく無い・・・と言うかはっきり言って”悪い”。
評判が悪いのはいくつか理由があるが、その中に「前の機種より送信エラーになることが多い(ような気がする)」というのがある。
聞くと導入当初からエラーが出ていたと言うことなので、先だってメーカーさんのサポートに協力して貰って原因を調査するためにエラーログの採取をするように設定して貰った。
先日もある現場からFAXを送ろうとしたがエラーになって送ることが出来ないと連絡が入ったので早速メーカーさんに連絡して対処して貰ったところ、原稿を読み取る部分に紙が詰まったのが原因だとのこと。
その時は原稿を取り除いたところ復旧したと言うことだった。
ところが今日になってメーカさんのサポート担当の方から連絡が入り、「原稿の取り除き方によってはエラーがリセットされないことがある」とのこと。
その説明をしたいので一度訪問させて貰いたいとのことだったので、後日訪問を受けることになった。
でもなぁ、これってはっきり言って機械自体の不具合なんじゃないだろうか?
今の機械はソフトウェアでいろいろと制御しているから、原因がハードにあるかソフトにあるかは私には判断できないけど、もしソフト側の対処で済むならファームウェアの更新をして貰いたいな。
他にもいろいろと改善して貰いたいところはあるけどね(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

通信時間が安定しない

FAX機の通信時間が前の機種より長くなったと言う”クレーム”が入っているので、メーカーさんにもお願いして対処方法を探している。
つい先日メーカーさんから通信モードの変更に関しての提案があったので、実験用に機材を貸し出して貰ってテストを行ってみたが、通信モードを変更してある筈の機材でも顕著な改善は見られなかった。
というか殆ど測定結果に有意な違いは見られなかった。
その旨をメーカーさんに伝えると、一緒にテストをさせて欲しいという申し出があり、折角なので一緒にテストをして貰った。
まずは通信モードの変更がちゃんと設定されているかを確認して貰ったところ指定どおりに設定されているとのこと。
そこで再度テストを行ってみたが、結果はやはり変わらず通信モードの変更がうまくいっていないとしか思えない。
ところが、その後何度か行ったテストでは、前の機種ほどでは無いが通信時間が短縮されるケースがあり期待を持たせてくれたが、その結果を出した時の設定がバラバラでどのように設定すれば改善されるかが判断出来ない。
なにせ設定を変えてテストして結果に違いが無くても、同じ条件で再度テストすると改善されたり、設定を元に戻して行っても改善されたままだったりという状態。
後半はテスト毎に通信管理レポートを出力したが、そこに表示される通信時間が実測値とかけ離れていたりしたので、レポート自体も信用できなくなってきた。
こんな調子だったので一度テストを中断してメーカーさんに結果を持ち帰って貰って再度調査をして頂くことになった。
今日になってレポートの表示におかしな点がある(同じ文書番号が連続して出現したり)ので、これは試験に用いた機材になんらかの不具合がある可能性が高いと言うことで、別の機材に変更させて欲しいとの連絡が来た。
ということは、テストは一からやり直しと言うことになるなぁ、、、
まぁ、これで改善方法が見つかれば良いんだけどね。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

FAX機の設定

忘れないようにちょっとメモ。
ビットNo.254のスイッチ2を1に。
暗号の様だけど判る人が見たら一目瞭然のこと。
他にもいろんなところを変更していたけど、とりあえずこれだけ押さえておこう。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

通信モードの違いって・・・

今年は行ってから職場で入れ替えたFAX機が全般的に不評を買っている。
というのは通信速度が遅くて複数の相手に送る際に時間がかかって仕方が無いということが主な理由。

FAXを送る時は一般的には原稿をまとめて読み取って一度メモリーに蓄積し、その後で回線を接続して送るのだが、この方式だと相手が通話中とかで失敗した際にすぐには判らない。
そのため現場では急ぎのFAXや大事なFAXの場合は最初のページを読み込んだところで回線をつなぐ方式(直接送信とか即時送信とか呼ばれる方式)で送るのが基本となっている。
そこで問題になったのは以前使っていた機種よりも遥かに送信に時間が掛かると言うこと。
回線は以前と同じものだし新型なのだからそんなに遅いとは思えなかったが、ユーザーがあまりにも遅いと言うので私が実検してみた。
同じ原稿を二つの機種で同じ相手に送ってみて、送信に要する時間を測定したところ、新しい機種は旧い機種の3倍以上の時間が必要だということが判明。
その測定結果を調査のためにFAX機のメーカーの担当者に渡しておいたところ、2週間くらい経ったところで中間報告と言う形で連絡が来た。
その時に判ったのは旧機種と新機種では送信時の解像度が異なっていて、旧機種では200x100dpiが基本だったということ。
新機種に入れ替えた際にPCで読むために基本の解像度を200x200dpiに上げてあったのが裏目に出た模様。
ところが新機種で解像度を旧機種と同じ200x100dpiに落としても新機種の方が2倍近く遅いという結果が出た。
しかも旧機種で解像度を上げた場合に比べても遅いと言う結果が出てしまった。
つまり新機種が遅いのは解像度だけが問題では無く、それ以外にも理由があると考えられる。
その後さらに調査を続けて貰っていたが、今日になって新たに報告が来た。
その報告によると旧機種ではメモリ送信時も直接送信時も通信モードが”スーパーG3”なのに、新機種は即時送信の時は”G3″に落として通信しているとのこと(メモリ送信時は”スーパーG3”とのこと)。
なぜ”G3”に落としているのか明確な回答は無かったが、これでは旧機種に比べて格段に遅いのは当たり前だ。
一応設定次第で即時送信時にも”スーパーG3”で通信するように出来るとのことだが、ユーザーレベルでの設定は不可ということで、私が設定を変更することは出来ず、メーカーのサービスマンの方に設定を依頼しなくてはならないということだった(サービスマンモードに入ってビットSWの値を変更する必要があるらしい)。
実際に設定を変更してどの程度通信時間の短縮が図れるかを試験するために設定を変更した同型機を貸して頂くことになったので、搬入されたら試してみるつもり。
はたして結果はどうなるかなぁ?

旧機種:RICOH SL3400/ML4600
新機種:RICOH EL6000

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。