More from: ラーメン

今頃「朝ラー」特集?

道内のローカル番組で札幌の朝ラー(朝ラーメン)が紹介されていた。
番組での紹介の仕方はまるで最近になって始まったように見えたが、実際には数年前から始まっていたから違和感があった。
私の昔からの知り合いのお店も紹介されたので、明日から混み合うだろうなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

ラーメン屋が開店した

すすきのの外れに最近になって新しいラーメン店がオープンした。
初日にはかなりの人が来たらしくお店の前には行列が出来ていた。
ところが一週間経過したら店内は昼食の時間帯でもガラガラで客は二人だけだったとか。
行った人に話を聞くと、完全新規のお店では無く比較的近くにあるお店が2号店として出したお店だとのことでてっきりチェーン店かと思ってしまった。
ところがその人が貰って来たチラシを見ると最初のお店と同じなのはメインの調味料だけで、麺からスープから殆どが別物と書かれている。
これでは同じ店名を名乗るのはどうかな?と思うけど、当人たちは1号店との差別化と考えているのだろうか?
それも考え方としてはあるだろうから別に良いんだけど・・・

本格的な開店はまだ数日先とのことで、現在のメニューは限定的だそう。
しかも一杯900円もしたら昼食として気軽に行くのは厳しいねぇ・・・(汗)。
ラーメンが高い札幌の中でも高いほうだよなぁ、、、
そうか、この店は観光客向け(付け加えるなら酔客向け)であって、地元の人が気軽に入れるようなお店では無いと言っているんだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ラーメンのテイクアウト

小樽にあるラーメン店「麻ほろ」が先月からラーメンのテイクアウトを始めていたのを知った。

今度買いに行ってみようかな?

ここのラーメンは”自然派ラーメン”名乗っているように化学調味料を使わないので好きで以前は時々行っていた。
下の写真2枚は10年ほど前に行った際に食べたもの。

あっさり醤油。見てのようにスープの色が薄く、あっさり系。


あっさり塩。こちらはさらに色が薄くてあっさり。チャーシューとは別に鶏が入っている。

←クリックしてくれると嬉しいです。

帯広「野球軒」のラーメン

この年末年始はいつもの年のように帯広で年を越した。
義父が急死したりでバタバタした年末だったが、それも三が日までには落ち着いた。
とまぁ、それは置いといて、実は年始からラーメンを食べたいと思っていた。
ようやく四日になって外で昼食を食べようかということになり、ネットで探してみたら「野球軒」というお店を発見。
口コミでの評判も良いし写真で見るとラーメンも私の好みのように見えたので、さっそく一家で行ってみることに。
昼時を少し過ぎていたが土曜だし混んでいるかな?と思ったが、着いてみると駐車場には停めるスペースが空いていた。
お店の外観は古くてレトロ感が凄い。

「野球軒」の外観


中に入ると6席のカウンターと4人掛けのテーブル席が三つ、小上がりにはテーブル席が二つあり、カウンターと小上がりには先客がいたので空いている4人掛けのテーブル席に着席。
妻が塩を、私が正油のそれぞれ大盛(700円)を注文(子供には二人から分けることにした)し待つこと数分。
女将さんが持って来てくれたのは想像していた通りのラーメン。

正油ラーメン


塩ラーメン


どちらもあっさり目の出汁で落ち着いた感じの味でどこか懐かしいラーメンだった。
見た通り、具は少ないが足りなければチャーシュー麺(900円)やツーベース・人工芝・ストライク、果てはホームランといったオプション付きのラーメンもある(それぞれどんなメニューなのかは調べて下さい、お店には”説明はしません”との張り紙あり)。

麺や具の一部を子供に分けたとはいえ元が大盛だったので結構な食べ応えがあったものの、美味しかったので久々にスープまで飲み干してしまったよ。
次回帯広に行ったらまた行こう!

←クリックしてくれると嬉しいです。

今度は”塩”を食べてみた

先日行った「CRAB GANG」というラーメン店を再訪問してみた。
店内は土曜日の昼食時と言うことで観光客と思われる人々で先だっての訪問時よりも混雑していた。
#カウンター席で食べていたのだが、混んできたので食べている途中で席を移らされる羽目になってしまった、多人数の客だからと言って先客をどかせて座らせるのはどうなんだろう?

先日は”北海道みそ”を食したので、今回は”北海道しお”を注文。
前回よりも長く待たされて出て来たのは”北海道みそ”、、、どうも同時に作っていた私の直後に入店した人の注文と取り違えたようだ。
すぐに”北海道しお”が出て来たので早速・・・と、その前に記念写真・・・

見たところ麺や具にはあまり違いは無いがねぎの切り方と具の配置が異なり、器の色も”みそ”は赤だったが”しお”は白という違いがある。
油の多さは相変わらずで箸で麺を持ち上げると湯気が凄い。
早速スープを一口すするとこれがなかなか美味しい。
個人的には”みそ”よりこちらの方が好みだなぁ。
これで600円なら十分だと思える・・・が、塩ラーメンを食べるんだったら南五条にある「信月」さんに行くな(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「CRAB GANG」

このところ昼時にススキノ近くの駅前通りを歩いているとラーメン店の客引きがいる。
いつもは無視して通り過ぎるんだけど、たまたま気が向いたのでそのお店に行ってみた。
客引き(おそらくはプロデュースしているお店の店員さん)の言うには、TVCMも流している居酒屋が開いたお店だそうで、その居酒屋は結構有名らしい(私は寡聞にも聞いたことが無かったが)。
お店は細い通り(北海道基準で細いであって車は通ることが出来る)に面したビルの地下にあり、周囲のお店は夜のみの営業らしく廊下は薄暗く少々不気味で昼間から入るのは勇気が要るかも。
自動販売機で食券を購入するシステムで並んでいるメニューを見ると”しょうゆラーメン”が見当たらない。
私は初めてのお店では大抵”しょうゆ”を頼むが仕方が無いので無難なところで”北海道みそラーメン”(650円)を選択。
席に着こうとして店内を見ると昼食時にも関わらず先客は一人のみ。
”これは失敗したかな?”と内心がっかりしたが、既に食券を購入していてお店を出るのも勿体ないので仕方なくラーメンが出てくるのを待つことに。
少々待って出て来たラーメンは意外に美味しく価格なりの価値はあったように思えたので悪くは無かったと思う。
後でGoogleMapsの口コミを見ると殆どの人が星5か星4の高評価を付けていたが、私はそこまでのお店では無いと感じる。
メニュー名から考えても観光客向けで、特に”全部乗せ”なんてのはシンプルなラーメンが好きな私には受け入れ難い。
でもまぁ、味は悪くなかったし、しおと味噌は高くも無いのでたまには食べても良いかもしれないな・・・と思ったが、みそは味が濃い目でちょっと好みから外れるから今度行くことがあればしおを食べてみるかな?


←クリックしてくれると嬉しいです。

低カロリーの”二郎系”?

高カロリー(だけじゃないだろうけど)が売り(?)の二郎系ラーメン。
そこに低カロリーでヘルシーな新商品を”二郎系インスパイアのお店が開発した。
これで良いのか?(笑)
食べてみたくても秋葉の昭和通り迄はとても行けないけどね(笑)。
#でもカラオケには行きたいな(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

今年(2018年)のRSR(その28)

二日目の最初の食事は「中華蕎麦・奨」の「しじみ味噌ラーメン」にした。
ブースに掲示されていた写真が美味しそうに見えたのと、購入待ちの列が殆ど無かったからすぐに買えると思ったのがその理由。
妻はその隣にあった「RACCOS BURGER」さんのハンバーガー(正式なメニュー名は不明)をチョイス。

「中華蕎麦・奨」の「しじみ味噌ラーメン」


妻が買った「RACCOS BURGER」さんのハンバーガー。


「中華蕎麦・奨」のブース


店頭に掲示されていた「しじみ味噌ラーメン」の写真、美味しそうに見えた


妻のハンバーガーの感想は聞きそびれてしまったのでどんな味だったのかは不明。
私の買った「しじみ味噌ラーメン」は正直言って大外れ。
店頭に掲示してあった写真と現物が大違いで、写真に写っている具(チャーシュー、シジミ、コーン、わかめ、めんま、ゆで卵)の中で入っていたのはチャーシューのみという寂しさ。
味の方はシジミの出汁の味はするものの、特にこれと言った特徴があるわけでもない普通の味噌味で、シジミの味噌汁と同じ。
麺がストレートなのは良いんだけど、茹で加減が半端でちょっと芯が残っていて麺の味自体も良くなかった。
おそらく松江のお店に行けば少しはマシなラーメンを出してくれるんだろうけど、少なくともフェス飯としては失格、今回食べたものの中で1番の外れメニューだった。
道理で人が並んでいなかったわけだな(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「札幌ラーメンショー2018」第2幕に行って来た

昨日も書いたけど、札幌の大通公園8丁目では日本ラーメン協会主催の「札幌ラーメンショー2018」が開催中。
今日からは第2幕ということでお店が入れ替わっている。
その中で気になった日本ラーメン協会スペシャルコラボの「東京醤油ラーメン」を食べに行って来た。


会場入り口とラーメン店のブースの並び、見え難いけど奥から4番目がお目当てのブース。
平日のお昼時なので日曜日よりは空いていると思ったが、もし混んでいるようなら諦めるつもりだった。

幸いお目当てのブースはあまり並んでいる人もいなかったのでチケット売り場でチケットを買って並んだ。
ところが、私が並んだ左側の列は出来上がりを待つ人の列で、受付の列は右側だった(汗)。
隣のブース等では写真のように受付の列とお渡し口の列の表示がされていたんだけど、このブースはその区別が無くて判り難かった。
これは出店ノウハウが無いということなんだろうな。
それでも10分ほどでラーメンを受け取りテント席まで行って食べ始めた。

東京醤油ラーメン(ワンタン載せ)


食べてみたところ、正直言って期待外れ。
もっとあっさりしているのかと思ったが、出汁のあっさりさの割には塩味が濃くて食べ難い。
入っていた厚切りのチャーシューがさらに味が濃過ぎてスープにも合わない。
麺は見た目は好みの太さの縮れ麺だったけど、味がそれほどなくしかもちょっと柔らか過ぎ。
オプションで頼んだワンタンも茹で過ぎで具も入っていない。
うーん、これに900円(ラーメン800円+ワンタン100円)を払ったのは勿体なかった(けど、捨てるのも勿体ないから全部食べた)。
これでは初日なのに人が並んでいないのも当然だ。
お腹と時間に余裕があったら口直しに別のお店のラーメンが食べたかったな(笑)。
今度は他のお店にするぞ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「札幌ラーメンショー2018」

昨日「さっぽろライラックまつり」を見に行ったところ、お目当ての7丁目会場の隣の8丁目でもなにやらイベントを行なっていた。
見ると「札幌ラーメンショー2018」というイベントで、ちょうどお昼過ぎでお腹が空いていたこともあって先にそちらに立ち寄った。
なんでも全国各地からラーメン屋さんが出店しているイベントらしく、チケット売り場やお店のブース前には行列が出来ていた。
地元札幌のお店は1店も出ておらず、道内では函館・帯広・旭川からの出店のみ。

私たちもチケットを購入し、ネットで出店しているお店の一覧を見てからブースに並んでラーメンを買った。
私は東京から出店の「ソラノイロ」、妻は山形から出店の「酒田ラーメン 花鳥風月」をチョイス。
どちらもあっさり系というのが選んだ理由で、食べてみてもたしかにあっさり系。
それでも味はしっかりしていて、どちらも美味しかったと思う。

「ソラノイロ」さんの「旨味出汁ソバ」。オプションの味玉(100円)載せ。


「酒田ラーメン 花鳥風月」さんの「山形・酒田のふわっとろ海老ワンタンメン」


上の2店を含めた10店が出店していた”第1幕”は昨日(5/20)までで、明日(5/22)からは”第2幕”と称して全ての店舗が入れ替わるとなっている。
この第2幕では主催者である「一般社団法人日本ラーメン協会」が出すという「名店復刻!東京醤油ラーメン」がちょっと気になるかも?
一度時間を作って食べに行こうかな?

ただなぁ、イベントということかラーメン1杯が800円というのはちょっと高い。
さらにお店によってはトッピング等のオプションがあって、「ソラノイロ」さんなんかはフルオプションで1,300円にもなってしまう。
お店で営業する時よりコストが掛かるのは判るけど、この値段はどうかなぁ?
あと、容器(使い捨ての薄いスチロール(?)容器)のためか、スープがすぐに冷めてしまうのも美味しさを阻害しているようで、ここも改善されると良いと思う。

←クリックしてくれると嬉しいです。