More from: メモリ

ThinkPad X201sのメモリを増やしたい

先だってオークションで落札したLenovoの「ThinkPad X201s」には2GBのメモリモジュールが入っていた。
今時のWindows OSは2GB程度ではまともに動作してくれないので、ここは増設をしたいところ。
自宅にあるもう1台のThinkPad X201sは当初4GB(2GBx2)だったところを、OSをWindows10にアップグレードした際に8GB(4GBx2)に増やしている。
手元にはDDR3-1600(PC3-12800)の4GBモジュールは1枚しか余っていないので、それを入れても6GBにしかならない。
どうせならもっと増やしたいところなのだけど、この機種はCPUのメモリコントローラーの仕様で最大8GBまでしか対応しないとなっている。
さらに4Gbitチップのモジュールは認識出来ないので2Gbitチップが16個載ったモジュールが必要になる。
他のノート(EPSONのNJ-5700EやThinkPad Edge E530等)に載せているのがこの仕様のメモリモジュールなので、これらから流用して外したノートには8GBモジュールを入れるというのも良いかも。
でもなぁ、元々軽量なLinuxディストリビューションを入れるつもりで落札したのだから、今のままで良いと言えば良いんだけどね(汗)。

チップセット(メモリコントローラー)の仕様で使えるメモリチップの制限を意識するのは、PentiumII/III時代の440シリーズ(BX/MX)が16Mbitチップまでしか使えず、その後の830M(P/G)や815シリーズでは256Mbitチップが使えるようになった頃と同じ。
この頃は、同じ256MBモジュールでも440シリーズ(BX/MX)で使える16チップ品は高くて、ジャンクで買ったThinkPad A21mとかに128Mbitチップの256MBモジュールが入っていた時とかはラッキーだったな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

安くなったなぁ・・・

自宅で使っているノートPCがたまに動作が重くなることがあり、どうもメモリ不足のような感じがする。
一応、4GBのモジュールを2枚入れて計8GBにしてあるんだけど、スペック上は8GB2枚の16GBが最大となっている。
使いだした頃は8GBのモジュールは4GBの2倍以上した記憶があるんだけど、ちょっと探したら楽天で三千円台で売られていた。
これなら2枚買っても良いかなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

まさかDDR3-Lとは・・・

ユーザーのPCが異常に処理が重たいので見てみるとメモリ搭載量が僅か4GBだったorz。
なので増設しようとメモリの仕様をメーカーサイトで調べてみるとなんとDDR3-“L”orz。
ノート用では時折見かけることもあるけど、デスクトップでわざわざDDR3-Lを採用してるなんてねぇ、、、
他の機種でDDR3メモリ仕様なのは全てDDR3なので流用が効かないんだよなぁ、、、
私の自宅にも8GBのモジュールが余っているのでチェックしてみたところ全てDDR3だったのでこちらも使えない。
自宅で唯一のDDR3-Lのモジュールは容量が2GBだったので交換する意味が無い・・・
うーん、これはお手上げだなぁ・・・(汗)。

売ってるけど高いんだよなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

Windows10のアップデート時間が長すぎるorz

ユーザーのPCに処理を追加しようとスクリプトを動かしたらエラーになる。
エラーを見ると存在しないコマンドレットとなっているが、他のPCでは問題無く動作している。
変だな?と思って調べてみると、Windows10のバージョンが古すぎて(なんと1511)問題のコマンドレットが入っていないらしい(汗)。
仕方が無いのでアップデートを始めたが、今度は更新が進むのが遅くて半日経っても終わらないorz。
ただしHDDのアクセスランプは点滅しているのでなんらかの処理はしている模様。
いくらなんでも遅すぎるが、このPCはメモリを4GBしか載せていなかったorz。
つまりメモリ不足で頻繁にスワップを起こしていてHDDに頻繁にアクセスしているが、その分処理は遅々として進まないようだ。
それならメモリを増設しようと考えたが、調べてみるとこのPCに使われているメモリはデスクトップ用としてはちょっと珍しいDDR3-Lだったので手元には無いし、購入するにしても通常のDDR3より高価。
中古で探しても市内のショップには2GBのモジュールしか在庫が無いorz。
うーん、こりゃ詰んだかな(笑)。
一晩更新を動かして駄目ならPC自体を別の機体に交換だな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

メモリを買わずに正解だったようだ

先日ferenOSをインストールしたノートPC(VGN-SZ92PS)のメモリを4GBにしてみた。
今まで2GB+1GBの3GBだったのを2GBを2枚の4GBにしてみたんだけど、電源を入れてBIOS画面を見ると3GBしか認識されていない。
OS上でも同じでtopコマンドで見てもdmesgで見ても3GBまでしか認識されていないorz
CPUやチップセットは4GBまで対応しているのでこれはBIOSでの制限なのだろうか。
#増設しようとしたメモリが載ってたThinkPadT60も同じCPUで最大メモリ容量も3GBで同じだった。
結局、メモリの構成は元に戻してしまったので、新たに買わないでよかったよ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

メモリーが出て来た

先だってferenOSを入れたVAIO「VGN-SZ92PS」はメモリー構成が2G+1Gの合計3GB。
このノートで使えるのはDDR2-533のメモリで、2GBのモジュールを2枚まで使える(メーカーの仕様では1GBx2枚の2GBが最大だが)。
自宅にあった2GBのモジュールは1枚だったので元々入っていた1GBと合わせて3GBにしていたが、折角の64ビットOSなので4GBにしてみたかったのでメモリーを探していた。
楽天で探すと中古品が送料と合わせて1,000円ほどからの価格で売られていた。

ヤフオクではさらに安く出ているのもあったので買おうかと思ったが、ここであることを思い出した。
以前、自宅で使っていたノートPCの中にはDDR2メモリを搭載していたものがあり、その中に2G+1Gの3GB構成で使っていたThinkPad T60があった。
そこで久々に引っ張り出してパームレストを外してみると、メモリは当時のままで2GBのモジュールが1枚(と1GBが1枚)入っていた。
今後このT60を使うことはまず無いのでこの2GBのメモリモジュールを取り外し、代わりに1GBのを入れておいた。
これで「VGN-SZ92PS」のメモリを合計で4GBにすることが出来るので、慌てて買わないで良かったよ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

”CF-B10”の標準搭載メモリを抜いてみた

廃棄予定のノートPC(Panasonic CF-B10)のメモリは標準搭載が1枚で、空きソケットが1枚あるので追加で搭載が可能となっている。
1枚目もオンボードではなく普通のソケットに挿してあるので取り外し可能に思えるが、メモリソケット部分の裏蓋が小さくてそのままでは簡単には外せない。
以前はボトムケース全体を外してから取り出した(レッツノートを分解してみた)が、今回は面倒なのでそのまま外せないか試してみた。
ソケットのラッチをメモリモジュールから外すことは出来るが、蓋が小さいためにそのままではメモリモジュールを上に持ち上げることがことが出来ずにボトムケースに引っかかってしまう。
さらに取り外しを抑制するためか半透明のテープでソケットに固定してあるので、反対にメモリを引き出す際にそのテープを利用できないか?と考えた。
先ずはソケットのラッチを外側に緩めてメモリモジュールから外し、固定しているテープをピンセットや精密ドライバー(-)を使ってソケットから慎重に剥がした。
その後にテープの端をつまんで一度メモリモジュールをソケットのコネクタとは反対側にずらしてメモリモジュールをソケットから外し、ラッチに引っ掛からないように引き出すことでメモリモジュールを取り出すことが出来た。
再度装着するのは面倒そうだが、どうせ廃棄処分にするPCなのでその点は考えないことした(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

512MBだった・・・

以前、ubuntuをインストールしたが動作がかなり重かったノートPCを久々に触ってみた。
やはりなにをするにもHDDにアクセスしているところをみると頻繁にスワップしているようだ。
topコマンドで見ても500MB弱しか認識していない(VRAMに多少取られるため)。
それでもパッケージのアップデートはなんとか完了したので再起動時にBIOS画面でメモリ容量を確認するとやはり512MBしか認識されていない。
このノート(SONYのVGN-G2AAPS)はオンボードで512MBのメモリが入っているので全く増設していないということだ。
ならば足してやろうということでパーツ箱を漁るとちょうどDDR2の1GBのモジュールがあったのでそれを入れることにして裏蓋を開けると既に1枚入っている。
おかしいな?と思いつつも外してみるとこれが2GBのモジュール。
この機種は増設可能なのが1GBまでなので、2GBのモジュールを入れてもBIOSでは認識できなかったようだ。
#それでもdmesgを見ると1.5GB前後認識していた節があるんだよなぁ、、、?
早速1GBのモジュールと交換して電源を入れてBIOS画面を見るとしっかり1536MBと認識されていた。
OS起動後にtopコマンドで見るとこちらでも1.5GB弱を認識していた。
今はubuntuを16.04LTSから18.04LTSにアップグレードしている最中で触れないが、こころなしか動作が軽くなったような気がするな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ThinkPad X60sが起動しない?

MOドライブを使おうとしてWindowsXpのPCが必要になった。
そこで今は使っていないWindowsXpがインストールされているPCの中で新しめのThinkPad X60sを引っ張り出した。
ACアダプタは自宅でほぼメインノートして使っているThinkPad Edge E530と同じなので、繋ぎ変えて電源を入れたところビープ音が鳴って起動しない。
メモリを抜いてあったかと思って開けてみると案の定メモリが全く入っていなかったで、適当に選んだ2GBを2枚入れて再度電源を投入。
今度はビープ音は鳴らないが画面も真っ暗なままで一向にWindowsXpが起動する気配がない。
もしかして4GBは駄目だったかな?と思って1枚を抜いて代わりに1GBを入れて合計で3GBにしたがやはり起動しない。
ここ何年か触っていなかったから壊れたかな?と思ってその場はいったん放置しておいた。
今日になって再度試してみても一向に画面が表示されないので諦めかけたが、メモリの不良を疑って駄目元で1GBのほうを抜いて電源を入れるとあっさりWindowsXpが起動した。
メモリが2GBでは心許ないので再度電源を切って2GB1枚(DDR2-800)を追加してみるとこちらも問題なく起動したのでやはりメモリ(しかも2枚続けて)が不良だったようだ。
このX60sはHDDからSSDに換装してあるのでなかなかきびきびと動いてくれる。
簡単な作業だったらこれでもよくね?と思ったが、なにせとっくにサポートが終了しているOSなので、セキュリティ面からも使わない方が良い筈。
MOドライブも壊れてしまったようなので、それを直して(ドライブ換装?)からまたいろいろとやってみてMOを使い終わったらまたお蔵入りだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「VAIO Pro PG」が安いんだけど

NTT-XストアでVAIO株式会社のモバイルノート「VAIO Pro PG」が安く売られている。
マイクロソフトオフィスは無いけれど、13.3型フルHDディスプレイを搭載したノートが79,980円(税込み、送料無料)。
OSはWindows10Proだし、有線LANもあるしストレージはSSDだしで仕事の現場から要求されているノートPCにちょうど良いんだけど、難点がひとつ。
それはメモリが4GBしか無く増設も出来ないこと。
4GBでもOSは起動するしブラウザでタブをいくつか開いてWEBページを見たりするには大丈夫だけど、オフィスソフトをインストールして使うには最低でも2倍の8GB程度は欲しいところ。
特に現場ではエクセルで複数のファイルを開きながら複数のサイトを閲覧するなんてことを日常的に行っている。
そうなると4GBではメモリが不足してスワップを起こすのは間違いないからなぁ(汗)。
あ、だからビジネス用モデルなのにこういった通販サイトで安売りされているのか。

←クリックしてくれると嬉しいです。