More from: スポーツ

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイタ-ズの連敗は止まらない

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜も福岡で福岡ソフトバンクと対戦。
今年に入ってまだ一勝もしていない球場でなんとか連敗ストップと願っていたんだけど、0-3で完封負けを喫し交流戦明けの初白星はならなかった。
これで連敗は今季最長の7にまで伸びてしまい、借金も最大の18に増え最下位街道を驀進している。
先発の伊藤は六回を2失点とQSだったんだけど、いかんせん打線が安打を続けられないので点が全く入らないのでは勝てるわけがない。
今週に入ってからの4試合でわずか4得点では投手陣は相手に1点もやるわけにはいかないけど、毎試合完封なんて無理。
とにかく打線につながりが必要で、打順を弄るなり走者のいる場面に強い選手を起用するなりしてなんとかして欲しいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が今日も1打点

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は地元でのマリナーズ戦に3番DHで先発出場。
第2打席で右前への安打を放った大谷は、適時三塁打を放ったトラウトを三塁に置いた六回の第3打席で一塁へのゴロを放ち自身はアウトになったがこの間にトラウトが生還し1打点を挙げ今季46打点となり、エンゼルスは3-4の1点差まで追い上げた。
八回の第4打席は空振りの三振に終わりここまで本塁打は出ていない。
最終回に最低でも同点に追いついて大谷の出番を作って欲しいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が4試合連続安打!

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は地元でのマリナーズ戦に3番DHで先発出場。
初回の第1打席では四球を選んで出塁、三回に前を打つトラウトが本塁打を放った直後の第2打席では右前に安打を放って4試合連続安打とした。
試合は五回を終わって1-3でエンゼルスがリードを許しているが、この後の大谷の活躍で逆転することを期待したい。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷は3番DHで先発出場

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は地元でのマリナーズ戦に3番DHで先発出場。
1試合8打点の次の試合で13奪三振で無失点投球を達成してまた一つMLBの歴史に名を刻んだ大谷は試合が無かったので1日休みを挟んで2日ぶりの出場となった。
1点先制された後の初回の第1打席ではストレートの四球を選んで出塁している。
今日も活躍してくれるかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ連敗止まらず

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは福岡で福岡ソフトバンクと対戦。
交流戦明けはまだ1勝もしておらず五連敗中のファイターズだったが、この試合も1-5で敗れて連敗脱出はならなかった。
先発のエース上沢が六回途中5失点で降板。
打線も散発の4安打に抑えられ、得点は淺間の本塁打による1点だけでは投手が相手打線を零封しない限りは勝てない。
打線がつながらず本塁打でしか得点できない今季序盤戦のような状態に戻ってしまったな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ柿木が初被安打

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは福岡で福岡ソフトバンクと対戦中。
この試合で三番手として七回二死から登板したのはプロ4年目の柿木。
今季初めて出場選手登録をされこの試合が3試合目の登板となった。
前の2試合はともに1イニングを投げて被安打無しで四死球も無しと一人も走者を出していなかったが、この試合では最初の打者に二塁打を打たれてしまい初被安打となった。
それでも次の打者を打ち取って無失点投球を続けている。
同期入団の吉田輝星(夏の甲子園の決勝で投げあった相手)は既に勝ち投手になっているが、柿木も早いところ活躍して常に勝ち星を挙げられるようになって欲しいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷翔平が6勝目!

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平投手が地元でのロイヤルズ戦に2番投手兼DHで先発出場し、今季6勝目を挙げた。
大谷は自己最長の八回を投げ、六回を除く7イニングでメジャー自己最多となる合計13個の三振を奪い、打たれた安打は初回の2本だけ、与四球は六回の1個だけで無失点とほぼ完ぺきな内容。
最終回のマウンドこそライアン・テペラに託したが、先発投手として十分以上の働きをした。
打っては三回の第2打席で遊撃への内野安打を放ち3試合連続安打を記録、その他にも四球2個を選んで出塁しチームの得点に結びつけている。
試合は終盤に追加点をあげたエンゼルスが5-0で勝って連敗を2で止め、大谷は今季3度目の連敗ストッパーとなった。

9勝を挙げた昨季は六月まで僅か3勝だったが、今季は五月までに同じ3勝、六月だけでさらに3勝でトータルでは昨季の2倍の6勝。
昨季は七月以降に6勝(オールスター明けに5連勝)なので、この分で行くと二桁の10勝は確実にも思えるな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が八回まで0封!

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平投手は地元でのロイヤルズ戦に2番投手兼DHで先発登板。
初回に連打を打たれて無死一二塁の危機を迎えたが、三番から五番の主軸を三振-右直-三振に打ち取って無失点スタート。
その後は五回まで一人の走者も出さないパーフェクトピッチングと毎回の10奪三振、六回の一死からこの試合初めての四球で走者を出すも次打者を併殺に打ち取りこの回も無失点。
連続三振こそ六回で途絶えたが、その後も大谷の好投は続き七回には三振2個を奪ってメジャー自己最多タイの12個とし、さらに続く八回にも1個の三振を奪って自己最多を更新。
大谷は自己最長の八回を投げ2安打1四球13奪三振の無失点。
試合は後半に入って追加点をあげたエンゼルスが5-0でリードして最終回を迎えているので、このまま行けば大谷の今季6勝目は固いな。

大谷は昨日の試合で自己最多の8打点をあげ、この日は二桁奪三振を奪っているが、これは打点が公式記録とされた1920年以降では初めてのこと。
シーズン全体や通算記録としてみると過去一人(1966年にトニー・クロニンガー(当時ブレーブス))が記録しているが、連続した試合では初で、また一つメジャーの歴史に名前を刻んだことになる。

←クリックしてくれると嬉しいです。