More from: スプリント予選

Verstappenがポールポジションを獲得!

自動車レースのF1GP Round11 Austrian Grand Prixのスターティンググリッドを決めるスプリント予選が行われ、Oracle Red Bull RacingのMax Verstappenがトップでフィニッシュし決勝レースのポールポジションを獲得した。
Verstappenは今季のスプリント予選2連勝。
Q2でのトラックリミット違反の判定でQ3でのタイム抹消処分を受け13番グリッドからスタートとなった同チームのSergio Perezはオーバーテイクを繰り返し、最後は5位でフィニッシュしてグリッドを上げることに成功した。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Verstappenがポールポジションを獲得!

自走者レースのF1GP Round14のItalian Grand Prixは日本時間の昨夜スプリント予選が行われ、Red Bull Racing HondaのMax Verstappenが2位でフィニッシュし決勝でのポールポジションを獲得した。
スプリント予選は今季から特定のレースで導入され、British GPに続いて2回目となる。
前日の予選で3番手タイムを出していたVerstappenは3番グリッドから良いスタートを見せ2位にポジションアップ。
その後はトップのBottas(Mercedes)を追うものの抜くまでは至らず2位でフィニッシュ、トップフィニッシュのBottasはPU交換によるペナルティで最下位スタートが決まっているので決勝のポールポジションを獲得した。

その他のHONDA PU勢はSergio Perezが8番グリッド、Scuderia AlphaTauriの二人はともに序盤での他車との接触のために順位を下げたが、角田は最後尾から挽回し16位でフィニッシュし15番グリッド、一方のPierre Gaslyは一週目のターン3でコースアウトしてクラッシュ、リタイヤとなりマシンのダメージの程度では決勝はピットレーンからのスタートの可能性もあるが、グリッドに並べることが可能であれば19番グリッドからのスタートとなる。
2チームで明暗を分けた格好になったが、PPのVerstappenには逃げ切っての優勝、その他の3人にはオーバーテイクの難しいコースではあるもののそれぞれポジションを上げて最低でも入賞、出来れば表彰台を獲得して欲しいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

VERSTAPPENが史上初のスプリント予選を制す!

自動車レースのF1のRound10イギリスGPは日本時間で昨夜スターティンググリッドを決める”スプリント予選”が行われた。
Red Bull Racing HondaのMax VERSTAPPENは前日の予選セッションの結果2番グリッドからのスタートなったが、素晴らしいスタートを決めてトップに立つと、そのままフィニッシュし史上初のスプリント予選の勝者となった。
この結果、VERSTAPPENは4戦連続でのポールポジションを獲得するとともにチャンピオンシップポイント3をゲットした。
2-3番手はライバルのメルセデスの2台で、HONDA勢の他のドライバーはScuderia AlphaTauri HondaのPierre GASLYが12番手(他の選手にグリッド降格ペナルティが与えられたのでスターティンググリッドは11番となった)、同じく角田裕毅が16番手でフィニッシュ。
Red Bull Racing HondaのSergio PEREZは5週目の高速セクション(Beckettsコーナーの立ち上がり付近)でスピンしてコースオフ、辛くもウォールへのヒットは避けたがタイヤにフラットスポットが出来、その影響で残り1周でリタイヤ、決勝では最後尾からのスタートとなった。

それにしてもVERSTAPPENのスタートは素晴らしかった。
オンボード映像では、スタート直前には左フロントブレーキから炎が上がっているのが見えたんだけど、それをものともせず素晴らしいスタートを決めてAbbeyコーナーに入るまでに完全にHAMILTONの前に出ていた。
決勝で同じようなロケットスタートが決まればかなり有利にレースを進められそうな気がするな。

←クリックしてくれると嬉しいです。