More from: カメラ

赤道儀が欲しい・・・

星の写真を撮っていると赤道儀が欲しくなるのは当然かと。
しかも今は自動追尾式が当たり前のようになっているし、価格も安い。
極軸の調整もしやすそうだし、三脚の耐荷重の問題と自由雲台の選択さえクリアできれば下の製品が安いし良いかも?

こんなのもあった。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

日食の撮影

来年の1/6には日本の各地で部分日食が見られる。
札幌では天気が良ければ食分が0.5を超え大きく欠けた太陽が観測出来る予定。
ちょうど日曜日で休みなので撮影もしてみたいと思うが、なにせ被写体が非常に明るい太陽なので肉眼での直視やカメラをそのまま向けるわけにはいかない。
なので減光用のフィルターが必須なんだけど、ND100000ともなると高いんだよねぇ・・・
他に使う機会も無いのにこれだけの出費は躊躇っちゃうね(汗)。
PLフィルターの2枚重ねではダメかなぁ?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”Leica”かぁ、、、

市内を歩いていてすれ違った壮年の男性の胸の前にはカメラが吊られていた。
札幌は観光地でもあるのでカメラを持った人が歩いているのは珍しくないんだけど、そのカメラの軍艦部前面には特徴のある赤いマークが。
そう、ドイツの”Leica”のカメラ。
ブランドとしては憧れるカメラだよなぁ、、、とても買えないけど(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

KIPONがRFマウント・Zマウント用フォーカルレデューサーを発売

KIPONがCanonのRFマウント及びNIKONのZマウント用のフォーカルレデューサーを発売した。
これらの製品は先の2マウントに各種中判カメラ用レンズを取り付けるためのもので、ハッセルブラッド・マミヤ645・PENTAX 67&645用がラインナップされている。

0.7倍のレデューサー内蔵されているので画角は中判カメラに近いものになるようだ。
PENTAXの67を持っている人を知っているけど、その人はデジタルカメラに興味は無さそうだから「EOS R」も「Zシリーズ」も買わないだろうなぁ・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「7D2」と「80D」か

市内の中古カメラショップにCanonのAPS-C機「EOS 7D MarkII」と「EOS 80D」が入荷している。
どちらも現行機種とは言え発売から時間が経ち、来年にはモデルチェンジするというのでは無いかという噂がある。
なので今は買い時では無いような気がするなぁ。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「D70」は売れたか

先週市内の中古カメラショップに入荷したNIKONのDXフォーマット機「D70」は売れてしまったようだ。
古いエントリー機でも安かったし写真を撮るのに不自由は無いから、気軽に使うのには良かったのかも。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

SONYが「α7III」「α7RIII」の新ファームを提供予定

先だって「メモリーカードがフォーマットされてしまう」ということで話題になったミラーレス一眼「α7III」「α7RIII」の新ファームが今月(12月)中に提供される見込みとなった。
メーカーのソニーが公式に提供すると発表している。
そもそも「フォーマットされる」というのはこの問題を動画で取り上げたプロカメラマンが”SEO的に有利となるように”使った”フォーマット”という言葉に端を発していて、実際にはフォーマットされたことは無いということだ。
それよりも問題は題記の2機種が撮影中にフリーズし、やむなく電池を抜かなければならない状態になることで、今回提供予定となるファームはこの症状への対策を施されたものになる(と発表されている)。
ソニーのリリースによるとフリーズすることによってSDカード上の管理情報が破損し、保存されている画像をカメラで再生できなくなる”場合がある”ということだ。
その場合でもカメラ本体で管理情報の修復が可能で、フリーズ時に書き込んでいた画像以外は復旧出来るとある。
要はネット上でいろいろ言われていた中で最もありそうだと思われていた通りだったとソニーが認めたということらしい。
ま、収まるところに収まったということかな。

他にも”複数のレンズが同じ故障をする”というのもあったんだけど、そちらに関してはどうなっているのかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

NIKON「Z6」は随分と評判が良いみたい

11/23に発売されたばかりのNIKONのフルサイズミラーレス機「Z6」の評判が良いらしい。
海外のサイトの評価が高いということで、その記事(の日本語訳)を読んでみると確かにほぼ手放しで称賛している。
さらにユーザーの評価も見てみようとカカクコムのユーザーレビューも見てみたが、こちらもかなり高い評価が多くなっていて、唯一評価点が平均よりも低いのがバッテリーライフ。
これはカタログ値で310枚と少ないのが原因だろうが、それでも実際の使用では500枚程度は行けると書いている人もいるのでレフ機ほどでは無いが、使い方によってそこそこの枚数は撮影できるのかも。
複数の人が指摘していたのが”ファインダーの出来の良さ”。
これだけ良い評価ばかりを目にしていると思わず欲しくなってしまうよね(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。