More from: カメラ

パナソニックのフルサイズミラーレスは来年1月発表?

パナソニックが開発中とされるフルサイズミラーレス機「S1/S1R」は来年1月中に正式に発表され、3月に発売されるとの噂が出て来た。
価格に関しても3000ドル台後半と見る向きもあり、日本では40万円程度と予想されている。
はてさて、どんなカメラが発表されるのだろうか?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Yongnuoの「YN450」が出たら触ってみたい

少し前に中国のYongnuo(ヨンヌオ)というメーカーがCanonの一眼レフ用レンズを使用可能なスマートフォン「YN450」を発表した。
撮像素子はマイクロフォーサーズ(M4/3)サイズで、もはや”スマートフォン”というよりもミラーレス一眼カメラだ(笑)。
マウント部の飛び出しはあるものの、外観は薄手のミラーレスカメラと言った感じ。
それでも単なるミラーレスカメラでは無いのは、OSにAndroid7を搭載し4G(LTE)通信が可能という点。
プロセッサは8コアのものを、メモリは3GB搭載されスマートフォンとしてのスペックも標準的。
LTE通信が使えるということで撮影後にすぐにSNS等へのアップロードが可能で、いちいちカメラからスマートフォンに画像を転送する手間が省けるのは嬉しい。

レンズを装着した状態での持ち歩きは少々不便かもしれないけど、一眼レフよりはずっとコンパクトで手軽かも?
パンケーキレンズ「EF-S 24mm F2.8」辺りなら付けっぱなしでもOKかな?
それでも通常のスマートフォンよりは厚くてポケットには入れられないだろうけど、出たら触ってみたいな(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonが来年3機種のAPS-C一眼レフを出すという噂

Canonが2019年に3機種の一眼レフ機を出すという噂が出て来た。
しかもその3機種ともAPS-C機とのこと。
現在Canonが出しているAPS-Cの一眼レフ機は7Dシリーズ、二桁D機、4桁D機、kiss2機種の4ライン5機種。
それぞれのモデルチェンジサイクルは7Dが約5年、二桁Dが約3年弱、4桁Dとkissが約2年。
さらにそれぞれの最新モデルの発売が7D2が2014年、80Dが2016年、9000Dが2017年、X9i/X9が2017年で、2019年は全てモデルチェンジの時期となる。
さてさて、どれが出てくることになるんだろう???

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

WEBカメラがハングする・・・

現場に設置してあるWEBカメラ(BB-HCM581)が見えないとの連絡が来た。
pingを打つと応答は来るんだけどブラウザでアクセスすると反応が無い。
このカメラは年に何度かは同じ現象が発生し、電源の再投入で復帰する。
同じモデルを設置してある他の現場では発生しないので、ファームウェアかなにかの都合でハングするのかと思いバージョンを比較すると、ハングするカメラの方が新しいorz。
こちらが古ければ更新すれば改善されるかと思ったんだけどなぁ、、、

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

SONYが「α7000」を出す?

SONYは同社のAPS-C機のフラッグシップ機を開発中であることを公言しているが、そのモデル名が「α7000」だという噂が出て来た。
この”7000”という数字は、SONYのカメラ部門の前身であるミノルタが1985年に発売した「α-7000」と同じ。
まさかこのネーミングを持ってくるとはねぇ、、、かなりの自信作なんだろうな。
って、ことは、次はもっと上のプロモデルで「α9000」というのを出すための布石なのか?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「D7100」も売れていた

市内の中古カメラショップに入荷していたNikonのDXフォーマット機「D7100」。
入荷後はしばらく売れずに残っていて、少し前に値下げされていた。
その後も残っていたんだけど、昨日在庫をチェックしてみたら売れていた。
これも気になっていたんだけど、売れてしまっていては仕方ないな(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Nikonの「Z7」とCanonの「EOS R」に触ってみた

先日、久しぶりに大型量販店に行ったので、ついでにカメラ売り場に行ってNikonとCanonのフルサイズミラーレス機に触ってみた。
どちらもファインダーが明るくて見やすく、さらに動体への追従性も良くて十分だと思えた。
触ったのは合わせても数分だし、店内の光景だけしか見なかったけど、このファインダーなら通常使用になにも問題は無さそうと感じた。
#まぁ両メーカーとも通常使用で支障が出そうなモノは出さないだろうけど(汗)。
重さも意外と軽く感じたなぁ、、、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニコン Z7 24-70+FTZマウントアダプターキット【送料無料】
価格:547000円(税込、送料無料) (2018/11/12時点)

楽天で購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン EOS R ボディ
価格:233182円(税込、送料無料) (2018/11/12時点)

楽天で購入

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Nikonが「Z6」の発売日を発表

Nikonのフルサイズミラーレス機で未発売の「Z6」の発売日が11/23と発表された。
この日に発売されるのはボディ単体・ボディ+24-70㎜レンズキット・ボディ+FTZアダプターキット・ボディ+24-70mm*FTZアダプターキットの4種類。
同時に発表され既に販売されている高画素機の「Z7」に比べると実売で15-17万円ほど安いので、こちらを予約していた人の方が多いのでは?
となると、今月のミラーレス機のシェアがどうなるか興味深いな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ソニーのフルサイズミラーレスのシェアが大幅にダウンしているようだ

BCNランキングによると、10月のフルサイズミラーレスカメラのシェアはトップのソニーが67%、2位のCanonが22.1%、3位のNikonが10.4%とのこと。
Nikonが9月末に、Canonが10月末にこの市場に参入して新製品(「Nikon Z7」「Canon EOS R」)を発売し、8月までのソニーのシェア(99.5%)を一気に減らした格好だ。
機種別でも発売後一週間しか経っていないCanonの「EOS R」がトップで、2位と3位がソニーの「α7III」(ボディ単体及びレンズキットで、合計すれば34%でトップ)、Nikonの「Z7 24-70mm FTZアダプターキット」は台数ベースのシェアでは5%と少ないが、価格が高く金額ベースではシェアがもう少しある筈。
とは言え、ソニーは全体の2/3のシェアを持っているわけ(半分は「α7III」)で、今後NikonとCanonがどの位上積みしてくるかが注目される。
特に「Z7」がイマイチ伸びていない印象のNikonは安価な「Z6」が今月末に発売になるのでメーカー別のシェアを伸ばしてくるのはほぼ確実。
Nikonが伸びる分、他の2社の数字がどう変化してくるものなのか?

NikonにしてもCanonにしても他社からの乗り換えユーザーがどれほどいるのだろう?
購入者の殆どが自社のレフ機からの乗り換えならメーカーとしては旨味がないだろうなぁ・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。