More from: カメラ

Canonが7/9の新製品発表を予告

Caonnが公式サイト「新時代、はじまる。」で7/9の21時にプレゼンテーションを行うと予告している。
これはもう予てから噂になっている「EOS R5」「EOS R6」及び複数の新レンズの発表に間違いないだろう。
日本では夜になるが、欧州では午後の始め、アメリカ東海岸では朝になる時刻なので日米欧で同時発表ということなのだろう。
「EOS R5」のスペック、「EOS R6」の価格が特に気になるな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

別の店には「5D2」が入荷

市内の中古カメラショップにCanonの「EOS 5D MarkII」が入荷している。
先の記事に書いた「EOS 1Ds MarkIII」の翌年に発売されたフルサイズ機でセンサーの画素数は同じ。
価格はこちらのほうが若干高いが、シャッター数が9万回オーバーで昨年11月末で修理対応期間が終了しているのでメーカー修理が効かない点は先の「1Ds MarkIII」と同じ。
フルサイズ機には憧れるけど、持ち歩くには重たそうで躊躇いがあるねぇ(汗)。
自宅とかで星撮りに使うには持ち歩く必要は無いけど、今使っている三脚(&雲台)では頼りないかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS 1Ds Mark III」が入っている

市内の中古カメラショップにCanonの「EOS 1Ds Mark III」のボディが入荷している。
発売から13年近くも経つだけに外観を見るとグリップ上部や軍艦部には塗装剥げが見られ、シャッター回数も不明だけど30K円を切る低価格。
既に修理対応が終わっていてシャッター交換も出来ない機種なのでいくら30万枚までOKとは言ってもシャッター数不明は怖いなあ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】【1年保証】【美品】Canon EOS 1Ds Mark III ボディ
価格:198700円(税込、送料無料) (2020/6/30時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonの「EOS R」は新型発売後に値下げされる?

Canonはもうすぐ新型ミラーレス機「EOS R5」「EOS R6」を発表するが、その発売後(もしくは同時)に現行機種の「EOS R」が値下げされるとの噂があるらしい。
現在は実売で24万円程度なのがどれくらい下がるのかな?
少なくとも新型の「EOS R6」よりも下がらないと販売現場的にはきついのでは?
あと、下位モデルの「EOS RP」はどうなるのかも気になるな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS 7D」の安いのが入っていたようだ

市内の中古カメラショップにCanonのAPS-C機「EOS 7D」が入荷している。
私も持っている「EOS 50D」の上位機種で連写性能が良いため飛ぶもの系を撮る人に人気だった機種。
発売から10年以上経ち既に後継モデルが出ているためか最近は中古の値段が結構下がってきている。
今回入荷の品も2万円強というちょっと前では考えられないような価格が付けられていて思わず欲しくなったが、既に先約があるようなので衝動買いをしなくて良さそうだ(汗)。
間違ってこの機種を買ってしまったら、自宅で一番使っている「EOS 50D」の出番が無くなりそうだし、メイン機の「EOS 60D」も出番が無くなるかも?(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

オリンパスがカメラ事業から撤退!

オリンパスが昨日6/24、カメラを含む映像事業から事実上撤退することを発表した。
現在の映像事業部門を分社化したうえで投資ファンドに株式を譲渡することで映像事業を手放すことにする。
正式な契約は九月中に済ませ、年内に処理を完了する見通し。
これによりオリンパスは赤字の映像事業から撤退し、稼ぎ頭である医療機器部門に資源を集約させることが可能になる。

戦前からカメラ事業を始めたオリンパスもスマートフォンの急速な進歩と普及による市場縮小には耐えられなかったということか。
今回事業を買い取るのは国内の投資ファンドだが、利益を生まないと判断したら外国資本に売り飛ばすことも十分に考えられる。
そうならないためにも新会社には利益を出すように頑張って欲しい。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Nikonの「Z5」は「Z50」のフルサイズ版のようなモデル?

Nikonの新型フルサイズミラーレス機と噂されている「Z5」にはEVFが搭載されるとの噂が出て来た。
少し前にはEVFレスで箱型(レンジファインダースタイル?)のデザインとの噂もあったが、今回出て来た噂ではEVFが搭載された一眼レフデザインになるようだ。
さらに上面液晶は無いとのことなので、そうであればAPS-C機である「Z50」のようなデザインになる可能性が高い。
入門用フルサイズミラーレス機という位置付けであればこのような形になるのも頷ける。
センサーやAF等は「Z6」に準ずるとの情報もあるので、もしそうであれば価格次第ではヒット商品になる可能性は高そうだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

CanonのRF600/800mmF11はDOレンズで確定?

少し前に海外の情報サイトに載ったCanonのRFレンズの超望遠レンズ「RF600mm F11 IS STM」と「RF800mm F11 IS STM」はDOレンズで確定らしい。
同じサイトに「EOS R5/6」及び新しくですRFレンズ群の写真が掲載されている。
その記事の中のレンズ名に「RF600mm F11 DO IS STM」「RF800mm F11 DO IS STM」としっかり”DO”という文字列が入っている。
これはDOレンズと言うことで確定かな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

”サンニッパ”が2万円?

市内の中古カメラショップの新入荷品の中に300mm/F2.8が2万円というのがあった。
TAMRONのレンズでマウントはAマウント、しかもSONYではなくミノルタ用となっているのでかなり古い製品かと。
光学系ほかに少々難点があるようだがすぐに買い手が付いたらしい。
そりゃ大口径の望遠レンズがこの値段だったら買う人はいるよなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

RFマウント用600mm/F11と800mm/F11はDOレンズかも?

先日ここでも書いたCanonのRFマウント用の新レンズ、「RF600mm F11 IS STM」と「RF800mm F11 IS STM」はDOレンズの可能性が高くなった。
昨年Canonが出願した特許の中にDOレンズに関するものがあり、その中の実施例として両スペックのレンズが書かれていたのが発見された。
DOレンズとなると高価なものになりそうにも思えるが、レンズ構成が800mmの場合で6群9枚と比較的単純になっており、小口径と言うこともあってそれほどは高くはならないのかも?
またレンズ全長も短くなる(800mmで前玉からセンサーまで400mm弱、600mで345mmほど)ので、小型軽量になるのは間違いなさそうだ。

←クリックしてくれると嬉しいです。