More from: カメラ

Canonの「EOS R5s」の噂

Canonのミラーレス一眼「EOS R5」の兄弟機として以前から噂になっていたのが「EOS R5s」(仮名)。
末尾の”s”が示すように高画素機と言われていて、最新の噂だと画素数は90MPにもなるという。
さらにピクセルシフトで300MPの画像の撮影が可能とも。
これが本当なら風景写真家には良いんだろうけど、RAWデータのファイルサイズがどれくらいまで巨大になるんだろう?
現像等の処理に使うPCにもかなりのスペックが要求されることになるし、ストレージもかなりの容量が必要になるんだろうなぁ・・・
来年(2021年)の第一四半期にも発表されるとのことだけど、今回の噂のどこまでが本当なんだろうか?

←クリックしてくれると嬉しいです。

オリンパスの「ED150-400mm F4.5 TC1.5x IS PRO」が品薄

オリンパスが2021/1/22に発売予定の超望遠ズームレンズ「ED150-400mm F4.5 TC1.5x IS PRO」が品薄だとアナウンスしている。
実売で80万円もする高価なレンズだけど、発表から予約が殺到していて予約分の多くが発売日には手に入らない見通しとのこと。
35mm換算で300-1000mm(内蔵1.25倍テレコン使用時)となる超望遠レンズの割に、重さが1,875gと軽量なので鳥を撮る人などに大人気らしい。
このところ身売り等で暗い話題ばかりだったオリンパス(の映像部門)にとっては良い話ではないのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

オリンパスの「E-M1X」の新ファーム公開

オリンパスが同社のM4/3カメラのフラッグシップモデル「E-M1X」の新ファームを公開した。
新ファームは鳥にも対応した瞳AFや動画のRAWデータ収録に対応した。
同時に価格も下げられたようで、ネットのニュースによれば6万円ほど下がったらしい。
これは後継機(「E-M1X MarkII」?)出る予兆か?

←クリックしてくれると嬉しいです。

RFマウント用の撒き餌レンズ

Canonが11/4にRFマウント用の安価な標準レンズ「RF50mm F1.8 STM」を発表した。
発売は12月下旬の予定でCanonのオンラインショップでの価格は28,600円(税込み)。
EFマウント用の「EF50mm F1.8 STM」の光学設計を進化させ非球面レンズを採用してミラーレス用のショートバックフォーカスを活かした設計になっているという。
手振れ補正機構(IS)は非搭載だが、ボディ内手振れ補正搭載の「EOS R5/R6」と組み合わせることで最大7段分の効果となっている。
最短撮影距離0.30mを実現しているのでテーブルフォト等にも便利に使えそうだ。
手振れ補正は無いが「EOS RP」と組み合わせることで軽量なスナップ機としても使えそうだなー。

←クリックしてくれると嬉しいです。

リコーのAPS-Cフラッグシップ機は「PENTAX K-3 Mark III」!

リコーが開発中のAPS-C機の開発状況と名称を発表した。
モデル名は「PENTAX K-3 Mark III」で「K3-II」の後継機という位置付けがはっきりしたものとなった。
そっかー、「K3-III」ではなく間に”Mark”を付けて来たか(汗)。
スペックも発表になっているが、連写速度が毎秒12コマで「K3-II」の8.3コマを大きく上回ってきた上、AF測距点が一気に109点まで増えた。
またファインダーが以前からメーカーが公表していたように視野率100%で倍率が1.03倍となっており、かなり見やすいと思われる(コストがかかっているんだろうな)。
反面GPSが非搭載になったとか、ライブビュー時のAFがコントラストAFで像面位相差の採用が無いとか、価格が30万円近くになりそうだとかマイナス点もそこそこありそうだ。

個人的にはGPSが載らなければあまり欲しいとは思えず、これなら新機種登場で中古の価格が下がる(かもしれない)「K3-II」の方が良いと思えてしまうな・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】【1年保証】【美品】PENTAX K-3II ボディ
価格:72800円(税込、送料無料) (2020/10/29時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

32GBのSDHCカードが無かった(汗)

先日、コンデジに入れてあるSDHCカードのファイルシステムに異常が発生して写真1枚が消えてしまった。
このカードは2-3年前からずっとカメラに入れてあり、日常持ち歩いていてPCへデータを移すために結構な頻度で抜差しをしていたためか今では接点にかなり傷が入っている。
先のファイルシステムの異常はフォーマットすることで修復できたが、このままではまた発生することにもなりそうなので新しいカードに入れ替えようと手持ちのSDHCカードを漁ってみたら32GBのカードはmicroSDHCしか無かったorz。
microSDHCカードはドライブレコーダー用の予備となるので、出来れば使いたくないんだけど、そうなると残るは64GB以上のSDXCカードかmicroSDXCカードということになる。
そもそも一度に撮影する枚数もそれほど多くないし、動画も滅多に撮らないので64GBなんぞ必要ない(以前は16GBのカードで足りていたほど)。
それに大容量のカードは一眼レフかミラーレス用に残しておきたいし・・・
なので、新規に購入しようと探したら安いのねぇ、、、

あー、でも汎用性(スマフォやドラレコ)を考えるとmicroSDHCカードの方が良さそうだしなぁ、、、安いし・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

「7D2」の安いのが入っていた

市内の中古カメラショップにCanonのAPS-C機「EOS 7D MarkII」が2台入荷していた。
1台は相場並みの価格(60K円ほど)だったんだけど、もう1台はその半額以下という破格値だった。
私も目を疑ったんだけど何度見てもその価格に間違いない。
詳細を見るとそちらの機体はシャッター数が14万回近くにもなっており、早晩シャッターユニットの交換が必要になりそうなので安かったのだろう。
当然のように両方とも売れてしまっているので、買うかどうか迷う必要が無くて良かったよ(汗)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】【1年保証】【美品】Canon EOS 7D Mark II ボディ
価格:87800円(税込、送料無料) (2020/10/22時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

SDカードが不調・・・

一昨日のこと、コンデジで撮影しようとしたら”カードがロックされています”とメッセージが出て撮影が出来なかった。
SDカードを入れる際にロックレバーが動いたのかもしれないと思い取り出してみたがアンロックの位置にあるので、再度入れ直したが症状は変わらず。
その時は撮影を諦めたが、少々時間を置いてから試したところ問題無く撮影が出来た。
ところが、撮影したデータをPCに読み込んだ際に最後の1枚で引っ掛かった。
なんとファイルシステムに異常があるということでカードの内容が全く読めなくなってしまった。
カメラに戻しても「カードが異常です」と出てしまい、フォーマットする以外の手立てが無くなってしまったorz。
カメラでフォーマットしたところ読み書きできるようになり、失ったデータも最後の1枚だけだったので損害は殆ど無いんだけど、何年も使っているカードなのでそろそろ買い替えた方が良いのかな?

コンデジ用だしそれほど高性能のは要らないから2枚でこの価格程度ので十分。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「D7200」が売れていた・・・

市内の中古カメラショップには少し前にNikonのDXフォーマット機「D7200」が入荷していた。
昨日の記事に書いた「D7100」の後継モデルでちょっと気になっていたけど、お値段が・・・ということで購入意欲は湧いていなかった。
それが今日チェックしてみたら売れていたので、やっぱり値ごろ感があったんだろうなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「D7100」が入っている・・・

市内の中古カメラショップにNikonのDXフォーマット機「D7100」のボディが入荷している。
私の持っている「D7000」の後継モデルでセンサーが16MPからローパスフィルターレスの24MPに変更され、映像エンジンがEXPEED2からEXPEED3になっている。
発売から7年半経過しているので価格もかなり下がってきており、お得感がかなり出ているなぁ、、、
「D7000」から買い替えたくなってきたよ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。