More from: カメラ

Canonが「EOS R8」「EOS R50」を正式に発表

Canonが予告通り今日2/8にミラーレス一眼の新製品「EOS R8」及び「EOS R50」を正式に発表した。
フルサイズセンサー搭載の「EOS R8」のスペックは事前にリークされた通り。
発売は四月下旬予定。
また同時に小型軽量な標準ズームレンズ「RF24-50mm F4.5-6.3 IS STM」も発表された。
このレンズは単体で最大4.5段分、IBIS搭載ボディとの組み合わせでは最大7.0段分の手ブレ補正効果があるという触れ込みだ。
価格はCanon直販でボディのみ264,000円と予想をかなり上回る価格で、これならMarkIIが出て価格が下がっている中古の「EOS R6」の方が安くなってしまい迷うことになりそう(笑)。
現行機種である「EOS RP」の実売価格を10万円以上も上回っているので、モデル末期と思われる「RP」の売れ行きが良くなるかも?

また、国内ではモデル名が「EOS Kiss R」となるだろうと言われていた「EOS R50」は海外と同じモデル名での発表となった。
こちらの価格は直販サイトでクーポン適用でようやく10万円を僅かに切る程度でエントリーモデルとしてはやはり少し高いかも。
発売予定は三月下旬で、入進学・就職祝いにもギリギリ間に合う日程かと。
それにしても何故kissの名前を使わなかったのだろう?もしかしてもう一段下位のモデルを出す気なのだろうか?

バッテリーがどちらも小型のLP-E17なのはちょっと残念・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS R8」「EOS R50」の写真とスペックがリーク

Canonが間もなく発表すると思われている新型ミラーレス一眼「EOS R8」「EOS R50」の写真とスペックがリークした。
それを見ると両モデルともEVFは搭載されているが、ボディ内手ブレ補正(IBIS)は非搭載のようだ。
また、シャッターが電子先幕と電子としか記述が無いので、もしかすると純粋なメカシャッターモードは無いのかも?
あと「EOS R50」のほうはセンサーのセルフクリーニング機能無し(R8には有り)となっているのも気にかかる点ではある。
フルサイズセンサー搭載の「EOS R8」はやはり「EOS RP」の後継モデルのようで、デザインも少し似ている感じがするな。

基本的なスペックは数日前にリークされた内容と同じだが、今回はもっと細かいスペックまで出ているので、間もなく発表されるのは間違いなさそう。
後は国内価格がどの程度に設定されてくるかだなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

ニコンが「Zfc」のブラックモデルを国内でも発売へ

ニコンが昨年十一月に国外向けに発表していたDXフォーマット機「Zfc ブラックモデル」を国内向けに発売することを正式に発表した。
発売日は3/3予定で、明日2/9の10時から予約の受付を開始するとのこと。
併せて人工皮革部分の張り替えサービス(有償)の新色も発表され、シルバーモデル向けだった前回よりも落ち着いた色合いが用意された。
個人的にはシルバーモデルに今回発表された「ウォルナットブラウン」、「ミッドナイトグレー」を貼るのが好みかな?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニコン Z fc 16-50 VR SLレンズキット シルバー
価格:150700円(税込、送料別) (2023/2/8時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ついに「EOS Kiss R」が出るのかな?

某掲示板に信頼性の高い情報源からCanonが近日中に発表するという新製品情報が投稿された。
それによると新型ボディ2機種とそれぞれのレンズキット、キットレンズの単独販売及び新望遠ズームレンズが出るらしい。
掲載された内容を引用すると下記のようになる。
—————————————————————————-
EOS R8
– キットレンズ:RF24-50mm F4.5-6.3 IS STM
– 海外価格:ボディ1499ドル、レンズキット1699ドル

EOS R50
– カラバリあり?(SKU:5811C001、5812C001)
– キットレンズ:RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM、RF-S55-210mm F5-7.1 IS STM
– 海外価格:ボディ679ドル、レンズキット799ドル、ダブルズームキット1029ドル

RF24-50mm F4.5-6.3 IS STM
– 海外価格:299ドル
—————————————————————————-
R8のほうはキットレンズのワイド端が24mmなのでフルサイズセンサー搭載で、さらにIS搭載レンズなのでIBIS搭載は無しかな?
R50のほうはキットレンズがRF-Sレンズなので間違いなくAPS-Cセンサー搭載で国内では「Kiss」となりそうな価格帯だ(安いなー)。

個人的にはフルサイズ(と思われる)R8が気になるところで、RとRPのどちらかの後継機種的な位置付けのように思える(まさかVlog用のカメラではないだろうなぁ・・・)。
国内価格はレンズキットで23万円程度になるのかな?
でも、キットレンズよりレンジの広い24-105mm辺りを組み合わせて普段の持ち歩き用にするのも良さそうかも?
それにしても24-50mmはワイド端でF4.5なんて暗いな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

氷像製作が始まった

今週末の2/4からさっぽろ雪まつりが開幕予定。
すすきの会場でも氷像の製作が始まっている。
新たに入手したLレンズの試写を兼ねて会場に行ってみた。

まだ製作が始まったばかりで形が出来ているものは無かったし、5条通りから南は台座しかない状態。
氷像は気温や天候によっては融けてしまったりひびが入って透明感が無くなったりするので、開幕直前からギリギリまで製作が続くことになる。
今年は完成品を見ることはあるのかなぁ?

←クリックしてくれると嬉しいです。

初”L”レンズ

デジタル一眼レフのボディを昨年オークションで手に入れた「EOS 5D MarkII」にしたのに伴って便利ズームもTAMRONのA006からその後B010を手に入れて使っている。
広角レンズもたまたま「EOS D60」についてきた「EF 20-35mm 3.5-4.5 USM]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】【1年保証】【美品】Canon EF 20-35mm F3.5-4.5 USM
価格:30800円(税込、送料無料) (2023/2/1時点)

を使っている。
このレンズ、昨年の連休に網走に行った際にも活躍してくれていたが、その時に絞りの動作が不安定になったことがあり、少々不安を感じていたということもある。
またワイド端の20mmでも充分広いんだけど、もう少し広いのが欲しくなって探していたら、SIGMAに12-24mmや15-30mmという広角ズームレンズをあるのを知った。
これらがヤフオクに出品されているのを見つけていたが、その後にCanon純正の「EF 17-40mm F4L USM」が出品されているのを見つけた。
SIGMAの12-24mmに比べても高くない金額だったので入札し、多少は競ったがなんとか落札出来た。
先日届いたので動作チェックしたところ、内部から物が転がるような音がする(汗)。
内部のパーツが外れている感じだけど、AFも動作するし絞りも動作して撮影には影響が無さそう。
まだ本格運用はしていないので実際の写りは未チェックだが、これまでより広い画角だし私にとって初めての”L”レンズということもあり期待したいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

いよいよ”kiss”投入か?

キヤノンが2022年度第4四半期の決算を発表し、その中には
「レンズ交換式カメラユーザーのすそ野を広げるモデルの投入など、EOS Rシリーズのさらなるラインアップ強化を図る計画」
という一文がある。
いよいよRFマウントのkissの登場かな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

ソニーも中国依存から脱出完了

ソニーがカメラの製造を中国からタイ工場への移管が完了したとか。
中国工場は中国国内向けのみの生産となった。
メリットだった人件費も高騰し、新型コロナウィルスの流行に伴う都市封鎖で製造に必要な部品の流通が止まり生産数を大幅に減らしていたので、この度の移転は必須だったと思われる。
政府の都合で簡単に経済活動が制限される国だから仕方が無いよなぁ(笑)。
とにかくこれでカメラの製造のペースが上がることだろう。

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。