More from: カメラ

EF/RFハイブリッドマウント?

Canonが開発中のミラーレス機にはEFマウント用レンズもRFマウント用レンズもマウントアダプター無しで装着可能なハイブリッドマウントが搭載されるという噂が出て来た。
両マウントは口径が等しく、フランジバックが異なるのでどのような仕組みで実現するのか興味深い。
マウント部を可動式としてRFマウント用レンズ装着時にはマウント面を前方に繰り出すようにすると強度と精度に問題が出るように思える。
となると、センサー部分をボディ内で前後に移動させる方式が考えられるが、そもそも両対応にする意味はあるのだろうか?
もちろんマウントアダプターが必要無くなることによるメリットはあるのだろうが、その分本体のメカニズムが複雑になって信頼性等に問題が出ることになるのでは?
本当だとすると年明けにでもなんらかの追加情報が出てくるのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

オリンパスが2020年のレンズロードマップを海外で公開

オリンパスが海外向けのサイトで2020年のレンズロードマップを公開した。
その中には3本の新しいレンズが追加されており、さらに焦点距離不明(40-150mm前後か?)のレンズも1本見られる。
私が気になったのは標準ズームの「ED12-45mm F4.0 PRO」で、なんでも超小型との話もあるのでスナップ用に「E-PL6」に付けておくのにちょうど良いかも。
ただし、PROレンズなのでお値段はかなりなものになりそうだなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS-1D X Mark III」にボディ内手振れ補正を搭載?

先だって開発発表されたCanonのデジタル一眼レフのフラッグシップ機「EOS-1D X Mark III」に手振れ補正機能が搭載される可能性があるという。
開発発表の際に公表された内容ではボディ内手振れ補正に関しては一切触れていないが、テスト機と思われる同機を使用した(と主張する)人物からの情報として搭載されるということらしい。
この情報の信憑性は高くないとのことだが、少なくとも”搭載されない”と決まったわけでは無いらしい。
とはいえ搭載を望む声はあるものの、これまで無かった(=実績の無い)機能をいきなりフラッグシップであり、ユーザーのかなりの部分がプロである機体に搭載するとは思えない。
載せるなら一クラス下でアマチュアが使う機種に載せて来るのではないかと思う。
なので、先ずはRFマウント機の次モデルとか、5Dシリーズの後継機種に搭載して来るのでは無いかなぁ?

←クリックしてくれると嬉しいです。

富士の「X-H1」が海外でディスコン

富士の「X-H1」が海外の通販サイトでディスコン扱いになって中古のみの販売となっているらしい。
先だって後継機種の発売は無いという噂が流れたばかりだが、このタイミングでのディスコンはちょっとタイミングが良すぎる感もある。
ボディ内手振れ補正を搭載した機種だったが、発売後にセンサーが新型になった「X-T3」が発売になったことや、機体が大型化したりしたことがユーザーに受け入れて貰えなかった要因だろうか?
国内のショップではまだ売られているが、海外よりも価格が割高に感じられるので海外のサイトから買う人もけっこういるようだ。
今後は海外のサイトでも駆け込み需要を狙って価格が上がるかも?(心配し過ぎかもしれないが)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「K-3」が入っていたのか

市内の中古カメラショップにPENTAXのAPS-C機「K-3」が入荷していた。
前モデルの「K-5IIs」同様にローパスフィルターレス機なので以前から気になっていた機種。
価格もかなりこなれていたので即座に売れてしまったらしいのがちょっと残念だな(汗)。

別のショップには同じくローパスフィルターレスの「K-S2」が入荷していて、こちらはまだ残っているようだなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

CanonがRFマウント用(?)の明るい広角レンズを開発中?

Canonのフルサイズ用「16mm F1.4」「18mm F1.2」「24mm F1.2」「18mm F1.0」のレンズの特許が紹介されている。
バックフォーカスが5mmから16mmと短いのでミラーレス(RFマウント)用と思われる。
最後の「18mm F1.0」はバックフォーカスが5mmしか無いので量産モデルとするのは苦しいかもしれないが、他の3本は製品化される可能性はある。
コマ収差がきちんと補正されていれば星景を撮影するのに非常に適したレンズ群になりそうだけど、お値段もかなりなものになりそうだなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Nikonの「D750」後継は「D760」では無い?

Nikonのデジタル一眼レフ「D750」の後継機種に関する噂が出て来た。
それによると機種名は「D760」は使われず、もっと大きい数字「D770-790」になるという。

昔からNikonはモデル名の番号の付け方に一貫性を欠くことが多く、現行の「D750」も先代モデルの「D700」から一気に50番飛ばしたし、上位モデルの「D850」の先代モデルは「D810」。
さらに過去のマイナーチェンジでは番号はそのままで末尾に”s”(D70,D300)や”x”(D40)を付けてお茶を濁していたりもする(汗)。
番号付けの基準はどうなっているのか訊きたい気もするな(笑)。

スペックに関する噂もあるけど、まだまだ信頼度が低いから鵜呑みにするわけにはいかないな。
発売時期は2020年の1-2月頃ということなので、これが真実に近いならそれほど経たずにもっと情報が出てくることになりそうだ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「D800E」を見せられた

昼食後のお蕎麦を食べにいったお店で店主に、
「カメラを見せてやる」
と言われて出されたのがNikonのカメラバッグ。
開けてみると「D800E」と「AF-S Nikkor 28-70mm F2.8G」だった。
合わせて買うと今でも50万円程度の組み合わせ(「D800E」の新品が今でも買えるのにはビックリした)。
なんでもお年を召されたお父さんが購入して今では使っていないと言う代物だそうな。
店主はカメラに興味があまり無いそうで、
「金に困ったら売ってやるよ」
と言われたけどね(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

三脚を持ってくれば良かった

昨夜遅くに帯広に着いた時には月が見えていた。
結構明るかったのだけど、90度ほど視界をずらすと星も結構見えていた。
天気が悪いと思って三脚は持ってこなかったけど、予報では今夜も晴れるようなので星が見られそう。
これなら三脚を持って来れば良かったなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

SONYの「α-7R」が入ってる・・・

市内の中古カメラショップにSONYのフルサイズ高画素機「α-7R」が入荷している。
初代のせいか結構安価な値付けがされているみたいだけど、SONY機の相場を知らないからなんとも言えないなぁ(汗)。

上の商品よりは安いから、もしかしたらお買い得なのかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。