RADEON HD7000シリーズのミドルレンジ製品が登場

AMDのRADEON HDの新アーキテクチャ(Graphics Core Next)を採用したRADEON HD 7770(以降HD 7770)とRADEON HD 7750(以降HD 7750)を採用したグラフィックボードが発売になった。
HD 7770はストリームプロセッサ数が640、コアクロック1GHz、メモリデータレート4.5GHz(GDDR5)で、下位にあたるHD 7750はストリームプロセッサ数が512、コアクロック800MHz、メモリデータレート4.5GHz(GDDR5)とされている。
ハイエンドのHD 7970はストリームプロセッサ数2,048、コアクロック925MHz、メモリデータレート5.5GHzなので、それと比較すると特にストリームプロセッサが減らされている。

今回発売になった製品はそれぞれ1機種ずつで、HD 7750採用の製品は補助電源を必要としない電源に優しい製品で、占有するスロットも1つで済むので、キューブ型ケース等で使うことも出来そうだ。
価格も1万3千円(HD 7750搭載製品)~1万6千円(HD 7760搭載製品)前後と財布にも優しくなっている。

うーん、自分で使うにはちょっと向かないかなぁ?

MSI グラフィックカード Radeon HD7750 OCモデル R7750-PMD1GD5 OC
B0079G8IIY
玄人志向 グラフィックボード AMD Radeon HD7750 1GB PCI-E RH7750-E1GHD
B00775OC00

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す