9/24に落下の見込みか?

9/12の記事「重さ6tの人工衛星が落下、今月末にも」に書いたアメリカの大気観測衛星「UARS」が日本時間9/24の午前中にも大気圏に再突入することが予測されていると発表された。
日本付近に落下する可能性は低い(と政府は考えているらしい)ので、あまり神経質になる必要も無いだろう。
昼間の時間帯の再突入となればあまり見栄えの良いものにはならないだろうなぁ。

9/18-20の間には一日当たり3マイルほど周回軌道の高度が落ちていて、9/20の高度は127マイルから140マイル(205kmから230km)、9/22には115マイルから120マイル(185kmから195km)とのこと。
NASAの現時点での最新の発表では9/24午前中に再突入する見込みとのことだが、その時間帯には北米上空を通過することはないらしいので、北米大陸在住の人たちは一安心か(笑)

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す