蝋燭が爆発って(笑)

中国でまたまた爆発騒ぎがあった。
今度爆発したのはバースデーケーキの蝋燭だそうで、説明書には「点火後2分以内に吹き消してください」と書いてあったとか。
つまり2分用の導火線になっていたんだね(笑)。

この爆発で5歳の子供が火傷して病院で手当を受け、保護者の苦情で販売店がその費用の一部を負担することに同意したとのことだが、爆発したことに対する釈明は無いらしい。
つーか、この販売店では最初説明書に書いてあること(2分以内に吹き消すこと)を守らなかったのが火傷の原因だから、自分たちには責任は無いと主張したとか。
保護者の訴えを受けた役所(工商部門というらしい)は爆発したことよりも、説明書が箱の内側に貼られていることを購入時に説明していない点を過失として治療費の支払いを命じたとか。
てぇことは爆発したことに対するお咎めは無しということか?

中国では蝋燭はデフォルトで爆発するものらしいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

6 comments to this article

  1. 千歳

    on 2011 年 8 月 31 日 at 12:17 午後 -

    椅子、ディスプレイに続き、中国では爆発フィーバーですね~!
    そのうち、4つ足で爆発しないのは××、空飛ぶ物で爆発ないのは××だけだ! なんて常用句が出来たりして。

  2. 千歳

    on 2011 年 8 月 31 日 at 12:19 午後 -

    そういえば、最近、この手のを「チャイナボカン」って言うそうですよ。
    秀逸♪

  3. 千歳

    on 2011 年 8 月 31 日 at 12:23 午後 -

    連投すいません。

  4. tan

    on 2011 年 8 月 31 日 at 2:05 午後 -

    >千歳さん
     いつになったら爆発騒ぎは収まるのでしょうかねぇ?
     反対にその内爆発しないものを持っていてはいけなくなったりして(笑)

  5. 千歳

    on 2011 年 9 月 1 日 at 11:40 午前 -

    中国で、肝心な時に爆発しない物は、爆弾ぐらいですよ…。

  6. tan

    on 2011 年 9 月 1 日 at 11:59 午前 -

    >千歳さん
     爆弾も爆発して欲しくない時に爆発するんですね(笑)。

コメントを残す