大谷は欠場するもエンゼルスは今季13度目となる完封勝利

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は敵地でのアスレチックス戦の先発から外れベンチスタートとなった。
後半戦初のベンチスタートとなったこの試合は代打での出場も有り得たが、最後まで登場することなく44試合ぶりの欠場となり登板前日の休養日となった。
エンゼルスは中心打者と言える大谷を欠きながらも1-0で今季13度目となる完封勝利。
この13度という数字は今季メジャー全体で3番目(ニューヨークの両チームがともに14度でトップ)に多い。
今季は「打者が打てば投手が打たれる、投手が抑えれば打者が打てない」で勝てていないチームの数字とは思えないな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す