Verstappenが今季初優勝!

自動車レースのF1GP Round 4のEmilia Romagna Grand Prixの決勝がイタリアのImola Circuitで行われ、昨年のチャンピオンであるMax Verstappen(Oracle Redbull Racing)が今季初優勝した。
Verstappenはスタートから終始ハーフウェットのレースをリードし、タイヤを途中でインターミディからミディアムに交換してからも安定したペースで後続を引き離し優勝した。
2位は3番グリッドからスタートした同僚のSergio PérezでRed Bullの1-2フィニッシュとなった。

今季好調のフェラーリ勢の地元でのGPだったがスタート直後のシケイン(ターン2-3)でDaniel Ricciardoが縁石に乗り上げて膨らみ外側にいたCarlos Sainzに接触、Carlos Sainzはスピンしてコースアウトしグラベルに捕まり1周も走れずリタイヤ、応援に来たティフォシたちをがっかりさせた。
もう一人のCharles Leclercは3位を走行中の53週目にイン側の縁石に乗りすぎて姿勢を崩しハーフスピン、姿勢を立て直せずそのままアウト側のウォールに接触してストップ。
マシンにダメージは無かった模様でレースには復帰したものの9位までポジションダウン、ゴールまでの間にポジションを3つ上げ6位でフィニッシュしポイントをゲットしたが、3位であれば得られたポイントよりは7ポイントも少なくVerstappenとのポイント差が18も縮まった。

昨年のチャンピオンのエンジンがようやくかかったようで次のレースが楽しみになってきた。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す