More from: Emilia Romagna Grand Prix

Verstappenが今季初優勝!

自動車レースのF1GP Round 4のEmilia Romagna Grand Prixの決勝がイタリアのImola Circuitで行われ、昨年のチャンピオンであるMax Verstappen(Oracle Redbull Racing)が今季初優勝した。
Verstappenはスタートから終始ハーフウェットのレースをリードし、タイヤを途中でインターミディからミディアムに交換してからも安定したペースで後続を引き離し優勝した。
2位は3番グリッドからスタートした同僚のSergio PérezでRed Bullの1-2フィニッシュとなった。

今季好調のフェラーリ勢の地元でのGPだったがスタート直後のシケイン(ターン2-3)でDaniel Ricciardoが縁石に乗り上げて膨らみ外側にいたCarlos Sainzに接触、Carlos Sainzはスピンしてコースアウトしグラベルに捕まり1周も走れずリタイヤ、応援に来たティフォシたちをがっかりさせた。
もう一人のCharles Leclercは3位を走行中の53週目にイン側の縁石に乗りすぎて姿勢を崩しハーフスピン、姿勢を立て直せずそのままアウト側のウォールに接触してストップ。
マシンにダメージは無かった模様でレースには復帰したものの9位までポジションダウン、ゴールまでの間にポジションを3つ上げ6位でフィニッシュしポイントをゲットしたが、3位であれば得られたポイントよりは7ポイントも少なくVerstappenとのポイント差が18も縮まった。

昨年のチャンピオンのエンジンがようやくかかったようで次のレースが楽しみになってきた。

←クリックしてくれると嬉しいです。

フェルスタッペンが今季初勝利!

自動車レースのF1は昨日(日本時間4/19未明)イタリアのImora Circuit(正式名称Autodromo Internazionale Enzo e Dino Ferrari)で今季第2戦の「Emilia Romagna Grand Prix」が行われた。
スタート前に雨が降り出したために各車はウェットもしくはインターミディエイトタイヤを履いてのスタートとなった。
レースはスタート直後に3番手からスタートしたRed Bull Racing HondaのMax Verstappenが僚友で予選2番手のSergio Perezの前に出ると、ポールポジションのLewis Hamiltonにも並びターン2で一気にインに飛び込み(軽く接触したように見えながらも)抜き去ってトップに立った。
その後は雨の為もあってコースオフやクラッシュ等が発生する荒れたレースとなり赤旗中断があったり、昨年まで4年連続でチャンピオンとなっているLewis Hamiltonでさえも一度コースオフを喫して順位を落としたりした。
そんな中で順調にトップを走行したVerstappenが20秒以上の差をつけてトップでフィニッシュし今季初勝利をあげた。
2位はコースオフで一度は順位を下げたHamiltonが鬼神の勢いで挽回し2戦連続での表彰台を獲得。
4年連続7回のチャンピオン獲得は伊達では無いねぇ。
他のHONDAPU勢はScuderia AlphaTauri HondaのPierre Gaslyが7位でポイントを獲得、予選2位のPerezが38周目のスピンで順位を落とし12番手、予選でクラッシュし最後尾スタートの角田裕毅が一時は9位まで順位を上げながらも再スタート直後の36周目に8位のHamiltonを抜いたところでスピンしてしまい順位を落とし13番手でフィニッシュ(Perezと角田は他者のペナルティで順位が繰り上がりそれぞれ11位と12位となった)。
4台全てが完走となったが、雨のレースでスピンをして順位を落とした二人がポイント圏外だったのは勿体なかったな。

←クリックしてくれると嬉しいです。