OMDSが「OM SYSTEM OM-1」を正式に発表

OMデジタルソリューションズ(OMDS)が昨日のオンラインイベントで同社のマイクロフォーサーズカメラのフラッグシップモデル「OM SYSTEM OM-1」を正式に発表した。
発売日は2022年3月で価格はオープン価格で量販店ではボディーのみ248,000円前後から。

「12-100mm F4.0 PRO」とのキットは348,000円前後からとなっている。

事前のリーク写真通りペンタ部には”OLYMPUS”のロゴがある。
その他は正常進化(しかも大幅な進化)という感じで、センサーも積層センサーだし映像エンジンも新開発のもので処理速度も大幅に向上。
ダイナミックレンジも1段分改善され、高感度も常用でISO25600(最大で102400)となった。
手ブレ補正はボディ内だけで実に7段分、対応レンズとの協調では8段分を実現と謳われている。
連写も最大で50コマ/秒を実現しているし、AFも測距点数1053点オールクロスクアッドピクセル像面位相差AFとたしかに”おーっ!というカメラ”にはなったようだ。

このスペックで25万ならバーゲンプライスじゃないの?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す