「EOS R3」等が深刻な品不足らしい・・・

CanonがRFマウントの最上位機「EOS R3」とRFレンズ「RF14-35mm F4 L IS USM」の供給不足をアナウンスしている。
同社の公式発表によるとどちらも納期未定で半年以上になる可能性もあるとしている。
その他の製品でも納期が延びているとアナウンスされているので、コロナ過での部品(主に半導体?)の供給不足は深刻だなぁ、、、
資本主義経済下では価格は需給のバランスで上下するので、これが部品の価格、さらには製品価格の高騰につながらなければ良いけれど・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す