「サイ・ヤング賞」も大谷に?

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷投手に関して同球団のジョー・マドン監督が「サイ・ヤング賞」も有り得るとの見解を示した。
同監督は昨日の試合後「今日の投球は、サイ・ヤング賞について、より多くの目を開かせただろう。」と語り、大谷が打撃だけでなく投球でも賞の候補になり得るとした。
大谷は今季の登板回数が100イニングと規定投球回数に達していないが、同賞は過去に救援専門の投手が受賞したこともあり投球回数の規定は無い。
選考は投票資格を持つ記者達による投票で行われるので、より強い印象を与えた投手が有利となる。
打撃成績は勘案されないが、投手としても七月以降は6登板(すべて先発)で負けなしの5連勝、防御率も5先発登板以上の投手の中ではリーグトップの1.58で全試合クォリティスタートと言う圧巻の成績で、同監督曰く「あなたがもし投票者なら、目が大きく開いたのではないかな」とも言っている。
サイ・ヤング賞は1956年制定の賞で、過去の受賞者にはそうそうたる名前が並んでいる(「ロジャー・クレメンス」「ランディ・ジョンソン」「グレッグ・マダックス」ほか、現役では「マックス・シャーザー」等)。
日本人の受賞者はいないので、大谷が初となるかも?
そうなるとチームとしても2005年の「バートロ・コローン」以来で3人目ということになるな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す