ファイターズが雨中の接戦を制す!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは仙台で東北楽天との三連戦の最終日。
雨の降る中で行われたゲームは接戦となり、ファイターズが三回に勝ち越してそのまま逃げ切り接戦を制して連勝を飾った。

ファイターズの先発はルーキーの伊藤、この伊藤を援護すべく打線は初回に相手の失策に乗じて近藤の適時打で先制。
伊藤は立ち上がりが安定せず一死満塁の危機を招くが、犠飛による1点のみで切り抜けた。
打線は三回に3年目の野村の適時打で勝ち越し点をあげ2-1とした。
伊藤は初回こそ走者をためたが、その後は走者を出しても後続を打ち取り七回まで投げて被安打4、与四死球3、奪三振5の1失点(自責1)で今季5勝目を挙げた。
伊藤の後を受けたBロドリゲスが八回に同点の危機を招いたが、近藤の好返球で無失点で切り抜けられたのも大きい。

ファイターズはこの三連戦を2勝1分けで勝ち越したが、三連戦での勝ち越しは6/4-6の読売三連戦以来のこと。
勝ち越したとはいえダントツの最下位に変わりは無いが、これをきっかけにして少しでも借金を減らして上位に近付いて行って欲しいね。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す