Fujiの「GFX50S MKII」にはIBISが載る?

富士フィルムの中判カメラ「GFX50S MKII」は安価なモデルとなることが予想されているが、それでもボディ内手ブレ補正が搭載されるとの噂がある。
「GFX50S MKII」はかねてから中判カメラとしては非常に安価で発売になると言われていて、各パーツは既存モデルの流用でセンサーも像面位相差無しの50MPセンサーを搭載すると言われている。
にも関わらずボディ内手ブレ補正が搭載されて安価で発売となるとフルサイズ機の需要を持って行く可能性もある。
中判はレンズが高価なのがネックだけど、ここでも500ドルクラスの標準ズームレンズが用意されるという話もあり、そうであればかなり売れそうな感じ。
まぁ安価と言ってもレンズ込みで50万程度にはなるだろうから、おいそれとは買えないけどね(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す