大谷のサイクルヒット

メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平選手がまた記録を作った。
6/14のレイズ戦で本塁打・二塁打・三塁打・単打を放ち、日本人メジャーリーガーとしては初めてのサイクルヒットを記録。
このサイクルヒットはメジャーリーグ通算326回目(290人目)。
4打席で四球も凡退も無しというちょっと珍しいケースで、歴史の長い大リーグでも32回目という希少な記録らしい。
また投手として1試合以上登板の経験がある選手としては19人目、その内で先発登板の経験者はジョージ・シスラー/ジミー・フォックス/シーザー・トーバーの3人に次いで4人目。
投手として2勝以上あげた選手としてはシスラー(5勝、1920-1921年に達成)以来98年ぶり二人目となる。
”ベーブ”・ルース以来の二刀流と言われた大谷だが、ルースですら達成していなかった記録を達成するとは凄いもんだなぁ・・・
つか、イチローのシーズン最多安打(2004年、262安打)達成の際に注目されたシスラーがここでも登場とはやっぱり凄い選手だったんだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

コメントを残す