マイクロソフトがWindows10のアップデートの配信を急遽中止

米マイクロソフト社が同社の最新OSであるWindows10の最新のアップデート「Windows 10 October 2018 Update (version 1809)」の配信を中止すると公表した。
同社によるとアップデートした複数のユーザーからデータを失ったとの報告を受けたのことで、現在はそれらの減少について調査中と思われる。
これまでも大型アップデートにはトラブルが付き物だったけど、データ消失とはちょっと深刻だねぇ(汗)。

コメントを残す