大谷が4勝目

MLBロスアンジェルスエンゼルスの大谷翔平投手がレイズ戦に先発登板した。
大谷はメジャーに来て最長の7回と2/3を投げ、被安打6与四球1で七回を除く毎回の9奪三振で2失点で4勝目をあげた。

初回にこの試合唯一の四球で、二回には安打で走者をそれぞれ出すも後続打者を打ち取って無失点。
三回の先頭打者に先制のソロ本塁打を浴びるが、その後は三人で切って取って最少失点に抑えると、その後は六回まで12者連続で打ち取り得点を許さない好投。
四回裏には味方が2点を取って逆転し、五回と七回にも1点ずつを加え4-1とした。
七回には久々に走者を出すもここも後続を打ち取り無失点。
八回には二塁打と自らの暴投で三塁まで走者を進め、次打者の内野ゴロの間に1点を失い2-4とされ、二死後に安打を許したところで降板。
ここから後を受けてくれた投手がレイズの攻撃を無失点に抑えて連敗を5で止めた。

今月はもう一回登板機会がありそうなので、その試合にも勝って5勝目を挙げて欲しいね!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す