「EOS 4000D」の写真がリーク

CANONのデジタル一眼レフの新製品と思われる「EOS 4000D」(輸出名)の写真がリークされた。
モデル名から輸出用で国内ではkissの新型かな?と思ったが、写真を見ると「EOS kiss X80」よりも下位クラスのモデルのようだ。
スペックも18MP、DIGIC4+でほぼ「EOS kiss X80」と同程度だけど、背面液晶が3->2.7型と小型化され、マウントもプラスチックになっている。
その分(だけじゃないだろうが)軽くなり、X80比で約50g軽量化され436gとなっている。
ということは、海外専売の最廉価モデルということかな?
もしも国内で発売するとしたら、ボディのみで4万円を切らないと売れないんじゃないかな?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Canon[キヤノン] EOS Kiss X80 ボディ【全国送料無料※一部を除く】
価格:48640円(税込、送料無料) (2018/2/22時点)

一緒に写っていたレンズは「EF-S18-55 IS III」と書かれていたので、X80のキットレンズ「EF-S18-55 IS II」のマイナーチェンジ版かと。
現在はSTM化された「EF-S18-55 IS STM」があるので、最下位グレードのレンズとなる。
徹底的にコストダウンを図った廉価版だねぇ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す