NIKONが「AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR」を発表

NIKONはDXフォーマット用の超広角ズームレンズ「AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR」を発表した、発売は6/30。

「AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR」は小型軽量の超広角ズームで、この焦点距離はSIGMAから出ている「10-20mm F3.5 EX DC HSM」と一緒で開放絞り値が少々(0.5段-1.5段)暗くなっている。
それでもSIGMAの前モデルである「10-20mm F4-5.6 EX DC HSM」と同じで、最短撮影距離がSIGMAの24cmに比べて短い22cmとなっているのと手ブレ補正機能(VR)を搭載している点が異なる。

価格は純正レンズとしては格安の41,500円(税抜き)。
実売価格は大手量販店で税込みで4万円少々となっている。

私はSIGMAの「10-20mm F4-5.6 EX DC HSM」(Fマウント)を持っていて、超広角が必要な場合に持ち出しているので少々興味があるが、SIGMAのレンズと比べての評価を見ないと何とも言えないなぁ・・・
あ、手ブレ補正が付いているのはありがたいかも。

Nikon 広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR ニコンDXフォーマット専用
B0714QYH71

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す