NIKONの「D7300」はやはり20MP?

NIKONのDXフォーマット機「D7200」の後継機と目される「D7300」のスペックに関する噂がまたまた海外サイトに掲載された。
今回の噂でも撮像素子は同社の「D500」と同じ20MPセンサーになるということだ。
現行の「D7200」が24MPであることを考えると”退化”とも受け取れるが、画素数が多ければ良いという時代では無いと思うので、これはこれでありかと。
画素数は減少するとしても、それ以外が進化していれば良いと思う。
ただ、「D500」との差別化は必要なので連写速度やAF点数は減らされるような気がする。
さらに映像エンジンは昨年末に発売された下位機種「D5600」でもEXPEED4のままなので、そのままなのかも?それとも「D500」同様EXPEED5になるのかな?
となると、どこが進化してくるのだろう???
ISO感度が1段上がって最高で51200(D500と同じ)になるとか、AF点数が「D500」の153点よりも少なく「D7200」の51点よりも多くなるとか?
連写速度も「D500」の10コマ(14bitRAW)より遅く「D7200」の5コマ(14bitRAW)の間くらいになるとか?
記録媒体はSD(SDHC,SDXC)のみになるんだろうなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す