NIKONはミラーレスに注力か?

多額の赤字を出し経営状態が心配されているNIKONは、不振のカメラ事業に関して「国内外の主力工場は閉鎖せず」と幹部が発言した。
さらに同幹部は同社の製品群の中で弱点となっているミラーレス機に関して、早期に複数の製品をラインアップすると明言。
ということはこれまでのNIKON1に加えAPS-C(Canonの「EOS-M」他)やフルサイズ(SONYの「α7」シリーズ)のミラーレス機を出して来るということかな。
となると、新しいマウントを開発しているということだろうな。
いくらなんでもFマウントのままミラーレスにすることは無いだろうね。
新しいマウントを作るにしてもFマウントからのマウントコンバータを用意して、NIKONの豊富なレンズ資産を活かすことになるだろう。
また、”複数の”と言っていることから、少なくともエントリー機(CANONの「EOS M10」やSONYのNEXシリーズ)と中級~上級機(CANONなら「EOS M5」、SONYなら「α7RII」辺り)を出してくると思われる。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す